News

  • ピレリ

南仏でウエットウェザーテストが始まる

M.S.
2016年1月25日 « マルチェロ、アリバベーネに「追い出された」と告白 | 元フェラーリのフライがマノーへ »

2016年最初のアクションであるピレリのウエットウェザーテストが25日(月)にポールリカールでスタートした。

今週、南仏で2日間にわたって実施されるこのテストにはフェラーリ、レッドブル、マクラーレンが参加し、人為的に濡れた状態にされた路面でマシンが走行している。各チームが新しいパーツをテストすることはできず、インターミディエイトおよびウエットタイヤのプロトタイプを評価するためにピレリが立てた走行プランに従わなければならない。

テストで使用されるのは3.5kmの短いレイアウトで、各チームが10周ずつ走行する。各走行の間にスプリンクラーが路面をウエット状態にし、コンディションを一定に保つため、それぞれのマシンは10秒間隔で走行するという。

フェラーリで月曜日に作業を担当しているのはキミ・ライコネンで、セバスチャン・ベッテルは2日目に登場。レッドブルはダニエル・リカルドと共に作業を開始し、ダニール・クビアトもドライブする予定だ。マクラーレンのテストは2日間を通してテストドライバーのストフェル・バンドールンの手に委ねられている。

ピレリは『Twitter(ツイッター)』にポールリカール・サーキットの写真を掲載し、「ドライの南仏にようこそ。なので、路面が少しウエットになるよう手助け」と述べた。

© ESPN Sports Media Ltd.