News

イギリスの放送局『Channel 4(チャンネル4)』が2016年シーズンは10レースをライブで放送することを明らかにした。

昨年12月、『BBC』がFOMと結んでいた残る3年の契約をチャンネル4が引き継ぐことが発表された。同局はフリー走行と予選を含む10レースをライブで放送する予定であり、契約をシェアする『Sky Sports(スカイ・スポーツ)』は全戦の放送権を有している。

また、チャンネル4はスカイ・スポーツで独占ライブ放送されるレースも含め、全21戦のハイライトも放送する。初回のライブ放送は4月3日(日)決勝の第2戦バーレーンGPで、イギリスのホームレースであるシルバーストーンやシーズンフィナーレのアブダビGPも生放送だ。

チャンネル4のF1部門トップのスティーブン・ライルは「われわれは2016年にライブ放送する予定のレースを発表できて喜ばしく思っている。イギリスGPはスポーツカレンダーにおいてきわめて重要なハイライトであり、われわれは今夏にシルバーストーンからすべてのアクションをライブでお届けすることを楽しみにしている」と述べた。

同局はすでに元ウィリアムズ、マクラーレン、レッドブルドライバーにして2009年からBBCでコメンテーターを務めていたデビッド・クルサードと契約を結んでいる。

© ESPN Sports Media Ltd.