News

  • F1

2017年の規定変更でオーバーテイク減少か?

M.S.
2015年12月22日 « チームの雰囲気が良くなったとライコネン | シューマッハに関する報道を否定したマネジャー »
© Sutton Images
拡大

2017年に予定されているルール変更でオーバーテイクが難しくなってしまいそうだとF1エンジニアたちが警告している。

2017年にマシンを1周あたり5秒スピードアップするべく、F1はレギュレーション変更の準備を進めている。この計画はF1がかつての激しさを失い、2004年のV10エンジン時代に比べてラップタイムが遅くなっていることに対する不満を受けて動きだしたものだ。暫定ルールの最新版では5秒というターゲットを達成するためにタイヤ幅がより広く、ディフューザーがより大きくなり、フロントウイングが拡大されている。

フェラーリのテクニカルディレクターを務めるジェームス・アリソンは、このプランについて『ESPN』にこう語った。

「われわれが実行せよと要請されたことは、マシンの外観をよりアグレッシブにし、速度を大幅に上げ、これまでで最速のF1マシンにするためのものだと思う。そして、フィジカルな意味でマシンのドライブをよりタフなものにするためのものだ。ドライブを難しくするのではなく、単純に高速コーナーのFフォースが高まり、身体的につらくする。ルールによってこれら3つのすべてが果たされると思うものの、このスポーツにおけるオーバーテイクは今のレベルか、適切だと判断されるレベルにとどめなくてはならないだろう」

「そうするためのデバイスがある。メインの二つのうち片方はタイヤデグラデーションで、タイヤのふるまいはレースを通して均一にはならない。もう一つは、DRSの量を正しく判断して微調整することで、勇気を振り絞ってうまくやればオーバーテイクは可能だ」

ウィリアムズのテクニカルディレクターであるパット・シモンズもダウンフォースの増加でオーバーテイクが難しくなると考えているが、レースをエキサイティングにするためにデグラデーションの激しいタイヤや補助装置に頼り過ぎることを警戒している。

「マシンのダウンフォースが増せば増すほど、前についていくのは難しくなるというのが私の考えだ。2017年のマシンはダウンフォースが高まるので、オーバーテイク・ワーキング・グループが考案する細部とは関係なく、また、私はこのグループの一員として、真の科学的プロセスに対して取られたショートカットを知っているが、彼らを信頼するかどうかとは関係なく、ダウンフォースが増すのならついていくのは厳しくなるというのが事実だ。これはやや単純化しすぎだが、いずれにせよかなり真実を突いている」

タイヤサプライヤーであるピレリのモータースポーツディレクター、ポール・ヘンベリーによれば、5秒というターゲットの大部分はタイヤ幅の増加で成し遂げられるという。だが、そのヘンベリーもダウンフォースを追い求めることで間違った方向へ進むことを懸念している。

「タイヤ幅を広くして現在のロードを増加するたけでも、それ以上のことをすることなしに3秒ほどの大幅な向上になる。要求された5秒という目標を達成するために必要なことはそう多くない」

「これが正しい方向性なのか疑問を抱く人が一部にはいるのではないかと思う。それでもなおオーバーテイクは可能なのか、オーバーテイクを向上させるのか、それともその反対なのか、と。この点についてわれわれは総意を取ることさえできていない。われわれが最初に解決しようと努力していることを果たすために、間違った方向に進まないことを願っている」

© ESPN Sports Media Ltd.