News

  • ハースF1

ハースF1、グロージャンの相棒はグティエレス

Jim / Me
2015年10月31日 « ボッタスのスピンはDRSのストールが原因 | Honda、レッドブルとは"話し合い"の最中 »
© Sutton Images
拡大

23年ぶりのメキシコGPが開幕した30日(金)、メキシコシティでハースF1チームのドライバー発表会が開かれ、ロマン・グロージャンの相棒にエステバン・グティエレスが就任することが明かされた。

2016年にF1参入を果たすハースF1の2人目のドライバーに関してはチームがフェラーリと技術提携を結んでいること、さらに発表地がメキシコだと事前に公表されていたこともあり、跳ね馬のリザーブドライバーを務めるグティエレスの起用が既定路線と見られていた。

2010年にGP3シリーズを制したグティエレスはその後2年をGP2で過ごし、2012年にはランキング3位につけている。2013年にはF1昇格を果たし、2014年までザウバーのレースドライバーとして活動。レギュラーだった2年間でグティエレスがが記録したベストリザルトは2013年日本GPの7位だ。

グティエレス起用についてチームオーナーのジーン・ハースは「私はフェラーリとの関係を通じてエステバンと知り合った。彼がそこでの役割を得るまでの成功を見て、彼がわれわれのレースチームにとって素晴らしいチョイスであることが明らかになった」と述べ、こう続けている。

「彼は若くてハングリーだが、経験は浅くない。F1でフルに走った2年間は彼にとても素晴らしいレース経験を与え、フェラーリのサードドライバーとして過ごした今シーズンは、フェラーリをF1でこれほどパワフルな存在たらしめている彼らの方法論をじかに見る機会を与えた。われわれはエステバンをレースチームの一員として迎えることができてとてもうれしい。彼とロマンによって、われわれはマシン開発を助け、最終的に初シーズンでのポイント獲得をするための強力なドライバーラインアップを得たことになる」

新たなチームでの活動が決まったグティエレスは「フェラーリとの時間を足場とする最高のチャンスをもらったと思っている。これを最大に生かしたい。ジーン・ハースは僕を信じてくれたし、僕はF1に参戦する彼の思いを信じている。フェラーリパワーを載せる競争力の高いマシンのレースシートを手に入れることは本当にスペシャルなことだし、僕を信頼してくれた彼に感謝する。必ず一緒に大きなことを成し遂げられると信じている」とコメントした。

チーム代表のグンサー・スタイナーは次のように述べている。

「常々申し上げてきた通り、われわれは経験のあるドライバーを求めてきた。そしてロマンとエステバンを獲得した。ロマンの方が出走数は多いが、エステバンはフェラーリの知識が豊富で、彼らのやり方も分かっている。フェラーリのサードドライバーとして彼の役割から最高のものを学んでおり、つまりは(フェラーリの)現行型マシンをどのようにして開発してきたかを彼は知っているということだ。彼がその中で大きな役割を担っている。そして、われわれハースF1チームのマシン開発においても大きな役目を果たすだろう」

© ESPN Sports Media Ltd.