News

  • US GP - ザウバー - プレビュー

400戦目のグランプリを祝うザウバー

Me
2015年10月16日 « ウィリアムズ離脱には後悔もあるとマルドナド | 2016年のエンジン開発条件、緩和へ »
© Sutton Images
拡大

ザウバーF1チームはUS GPで400戦目の節目のグランプリを迎える。オースティンではテスト&リザーブドライバーのラファエレ・マルチェロが金曜1回目のフリー走行に出ることになった。

これまでF1で戦った23年間で、チームはBMWザウバー時代を含めて808ポイントを獲得。数多くのドライバーたちが在籍してきた。多くのドライバーたちから祝福のコメントが寄せられている。

カール・ヴェンドリンガー(1993年から1995年に在籍、25GPに出場、11ポイントを獲得)

「われわれのF1初参戦の年に、シーズン第4戦のイモラで私はザウバーにとって素晴らしい瞬間に立ち会うことができた。驚くべきことに、私は5番手からレースをスタートした。前にはアラン(プロスト)、デイモン(ヒル)、ミハエル(シューマッハ)とアイルトン(セナ)しかおらず、エキサイティングだったよ。雨のため、われわれはダウンフォースを増やしてレースをスタートした。私はシューミとゲルハルト(ベルガー)と渡り合ったんだ。素晴らしい戦いで、今でもよく覚えている。スタートして間もなく雨がやみ、スリックタイヤに交換した。だがストレートではダウンフォースが多すぎてスピードが足りなかった。シューミは(鈴木)亜久里を追い越していったが、私にはできなかった。レース終了の10周ほど前に私は4番手にいた。ところが、突然のエンジン故障でストップしてしまったんだ。だからこそ、私はこれらの素晴らしい戦いを忘れないし、特にこのレースのことは忘れない。おめでとう、そして幸運を」

ハインツ-ハラルド・フレンツェン(1994年から1996年、2002年から2003年に在籍、64GPに出場、42ポイントを獲得)

「僕は長くザウバーでドライバーを務めたから、多くの名場面に関わってきた。一番の思い出は1995年のイタリアGPで3位になったことだ。ジョニー(ハーバート)とミカ(ハッキネン)に次いでの3位だった。僕だけでなく、ザウバーF1チームにとってもF1での初めてのポディウムだったんだ。まるで勝利したかのように祝ったよ。これはよく覚えている。うれし涙もあったし、多くのシャンパンが振りまかれた。とても感動的な――最高の瞬間だった。決して忘れることはできない。400戦目のレースでオースティンの現地に行けないのは残念だけど、チームには幸運を祈っているよ!」

ジョニー・ハーバート(1996年から1998年に在籍、48GPに出場、20ポイントを獲得)

「ザウバーとは忘れがたい記憶がたくさんある――いいものがたくさんあり、そうでないものもいくつかある。印象的なのは1997年だ。このシーズンは素晴らしいレースが多かった。イモラでは7番手からレースをスタートし、ウィリアムズとフェラーリを相手に力強い戦いを見せ、ポディウムを争った。最後は電気系のトラブルでリタイアとなってしまったけれどね。それから、ハンガロリンクのレースもあった。これは本当にうれしかったよ。僕は10番手スタートにすぎなかったのに、最後はジャック(ビルヌーブ)、デイモン(ヒル)と僕が大バトルの末にミハエル(シューマッハ)に勝ったんだ。あれは素晴らしかった。名場面だよ。チームに幸あれ」

ニック・ハイドフェルド(2001年から2003年、2006年から2009年、2010年に在籍、125GPに出場、194ポイントを獲得)

「2001年にサンパウロのウエットレースで初ポディウムを獲得できた時はほっとした。その後はビールのシャワーを浴びることになったよ。同じ年に、キミ(ライコネン)と一緒に僕らはコンストラクターズ選手権で4位になったんだ。チームの大きな成功だ。僕にとって2007年のBMWザウバー時代は特別だ。トップに向けて突き進んでいて、クルマも僕のドライビングスタイルに合っていた。フルポテンシャルを引き出せたし、機会があるたびにトップ3を目指して戦った。僕のハイライトはバーレーンGP中のシーンだ。フェルナンド(アロンソ)のクルマを外側からオーバーテイクしたんだ。ギリギリのところでホイール・トゥ・ホイールになっていた。今でもこの場面を時々見直していることを告白するよ。このBMWザウバーのマシンをドライブできたことは僕の誇りだ。ザウバーで最も多くのグランプリを戦ったドライバーとして、チームが400戦目のグランプリを祝えることをうれしく思う」

フェリペ・マッサ(2002年、2004年から2005年に在籍、53GPに出場、27ポイントを獲得)

「ザウバーはなんといっても僕がF1キャリアを始めた場所だから、特別だよ。スイスに住んで、クルマについて多くのことを学びながら、最終的に3年間そこで過ごした。いいリザルトも残していて、僕は初シーズンの2戦目で入賞したんだ。一番のレースは4位でフィニッシュした2005年のカナダかな。でも、そこにいた年月で僕らはいいパフォーマンスをたくさん見せた。いい思い出がいっぱいだよ」

ロバート・クビサ(2006年から2009年に在籍、57GPに出場、137ポイントを獲得)

「ザウバー時代には素晴らしい思い出がある。最も重要なのはやっぱり、僕のF1初ポディウムだね。2006年のモンツァでBMWザウバーと祝ったんだ。リザーブからレースドライバーに抜てきされて、F1ドライバーとしての3戦目で3位フィニッシュを果たした。この3位は僕のその後のキャリアにおいて重要な役割を果たしたと思っている。また、当時のクルマのポテンシャルをよく表しているよ。2年後の2008年のカナダGPでの勝利は永遠に忘れられない瞬間だ。僕自身だけじゃなく、チームにとってもね。ザウバーのみんなには幸運を祈っている」

小林可夢偉(2010年から2012年に在籍、58GPに出場、122ポイントを獲得)

「ザウバーで一番の瞬間は、2012年にホームレースの鈴鹿で始めてのポディウムを獲得したことですね。これは人生で一番の思い出です。3位でフィニッシュして、ファンの前でポディウムに立つのは、本当に感動的でした。2011年の福島原発事故の後で、僕らにとってはとてもつらい時期でした。一言では言い表せませんが、これは僕と、僕のファンにとってすごく特別な瞬間です。それを実現するためにチームとして懸命に戦っていました。ザウバー時代にはいい時も、それほど良くない時もありましたが、一緒に働くことをお互い心から楽しんだと思います。すごく懸命に仕事をして、たくさん戦いました。それが何より重要です。いつもベストを尽くしました」

セルジオ・ペレス(2011年から2012年に在籍、37GPに出場、80ポイントを獲得)

「F1で400戦というマイルストーンを達成したザウバーを祝福したい。僕にとっては初めてのチームで、一緒に素晴らしい瞬間を何度かお祝いした。ハイライトは2012年のマレーシアでの初ポディウムだ。あれは僕のキャリアのベストレースに数えられるだろう。ラスト数周はフェルナンド(アロンソ)をハードにプッシュして、もう少しで勝利というところだった。それからその年のモンツァでも、僕らはもう一度2位を獲得した。あの日はすべての歯車が合う、そんな1日で、クルマはパーフェクトだった。僕もうまくタイヤをケアできたと思うし、そのおかげで12番手スタートながらもポジションを上げることができたんだ。アタックできるペースがあり、いくつかいいバトルをした。みんなフェアに戦ってくれた。それで2台のフェラーリを倒したんだ。モンツァでのすごく楽しいレースだった」

マーカス・エリクソン(現レースドライバー、31GPに出場、9ポイントを獲得)

「この偉業に心からお祝いを言わせてもらうよ。400戦目のグランプリを祝うなんて驚異的だ。ザウバーF1チームの一員でいられて、みんなの信頼を得られたことにとても感謝している。ザウバーでの最大の瞬間は、これからやってくると信じているよ。来シーズンもチームのために走るから、その時が早くやってくることを願っている。これまでは、ザウバーでの最初のレースだったオーストラリアGPで、自分のF1初ポイントを獲得したのが僕とチームの大きな思い出だね。これからもっと素晴らしい時がやってくるのを楽しみにしている」

フェリペ・ナッサー(現レースドライバー、15GPに出場、25ポイントを獲得)

「ザウバーでの最高の瞬間はもちろん、メルボルンでF1の初レースに出た時さ。このレースを5位でフィニッシュしたのはすごく思い出深い。素晴らしいリザルトだよ。僕にとってもチームにとってもすごく感動的だった。みんな、結果に安堵(あんど)していたし、喜んでいた。すごくいい思い出た。長い間F1の一員だったザウバーが400戦目のグランプリを迎えるなんて大変な偉業だ。このマイルストーンに関わることができて誇りに思う」

© ESPN Sports Media Ltd.