News

© Sutton Images
拡大

来シーズン、ピットからマシンへの通信をどのようにして取り締まるのかをFIAが説明した。次の2年間で、スタート手順もさらに規制が強化される。

これらの変更は、レースをドライバーの手に戻そうという試みの一環であり、エンジニアがドライバーを通してマシンとその機能のパフォーマンスを管理することを減らそうという狙いがある。エンジニアがレースの特定の内容(下記リスト)についてドライバーと話すことは認められているが、いわゆる"ドライバーコーチング"は事実上の違法行為となる。タイヤのデグラデーションや、リフト&コーストを通じた燃料セーブなどのメッセージは許可リストに載っていないため、禁止だ。

これはFIAから各チームに配布された技術指示書を『ESPN』が手に入れたもの。"ドライバーは単独かつ独力でマシンをドライブしなければならない"と定めたスポーティングレギュレーション第20条1項をより厳格に捉えている。

FIAの計画の第一段階は今週末のベルギーGPから導入される。手始めはスタート手順に関するルールの変更だ。続いて2016年にはスタートでクラッチを操作するパドルが1つに限定される。現在は全チームが2つのパドルシステムを使用中だ。その後FIAは2017年にスタンダードなクラッチを導入してプロセスをさらに単純化し、ドライバーの判断に委ねる考えだ。

さらに、FIAはマシンからピットにリアルタイムで送信されるテレメトリーチャンネルを制限する方法を調査している。"モニタリング"用や必須ではないチャンネルはピットウオールに届かないようになるが、マシン上のメモリーに記録することは認められるという。

以下が来年から無線で伝えることができるメッセージのリストだ。これ以外のメッセージは第20条1項の違反とみなされる可能性がある。

1. マシンに重大な問題の兆候がみられる:例えばパンクやダメージの警告*
2. ライバルのマシンにトラブルの兆候がみられる*
3. マシンを修理、あるいはリタイアさせるためにピットに戻れという指示*
4. マーシャリングに関する情報(黄旗、赤旗、レーススタートの中断、あるいはレースコントロールからの同様の指示)*
5. 路面のウエットコンディション、特定のコーナーでオイルやデブリがある*
6. 他のドライバーとポジションを入れ替えるための指示*
7. ドライバーのメッセージを確認した報告
8. ラップタイム、セクタータイムの詳細
9. ライバルのラップタイム詳細
10. プラクティスセッションやレース中のライバルとギャップ
11. 「ハードにプッシュしろ」や「今プッシュしろ」、「誰々とレースをしている」といった内容
12. プラクティスセッションやレース中のトラフィックの警告
13. 予選でクリアラップを取るためにマシン間のギャップを伝えること
14. 次のピットストップでのタイヤ選択
15. レース中にライバルが何周使用したタイヤセットを履いているか
16. ライバルのタイヤスペック
17. ライバルが選ぶと予想されるのレース戦略に関する情報
18. セーフティカーウインドー
19. チームのドライバーまたはライバルの違反:例えばシケインカット、コースオフ、タイムペナルティーの適用等
20. DRS使用の可否
21. DRSの故障への対処
22. 次のピットストップでのフロントウイング調整
23. オイルトランスファー
24. ピットインのタイミング
25. ピット入り口や出口での白線やボラード、車検ランプへの注意
26. コースリミットの再確認
27. レースコントロールからのメッセージ伝達
28. マシンのダメージに関する情報
29. 残りラップ数
30. プラクティスセッション中のテストシーケンスに関する情報:例えばエアロマッピング
31. 気象情報

* 決勝レース日のピットレーンオープンからレースのスタートまでの間、マシンが最初にガレージを出て以降、ドライバーがマシンに乗ってコース上にいる際に伝えることができるメッセージはこれらに限る。

© ESPN Sports Media Ltd.