News

  • ハースF1チーム

ロッシ、ハースとの交渉をほのめかす

Me
2015年7月29日 « バトンにまさかの転身のうわさ | スタート問題への対処は必須とウォルフ »
F1の正ドライバーを目指すロッシ © Sutton Images
拡大
関連リンク

GP2ドライバーのアレキサンダー・ロッシは、新規アメリカチームのハースとともにF1入りする可能性を捨てていない。

フェラーリと緊密に連携するハースはアメリカ人ドライバーを乗せたいとの発言をトーンダウンさせており、初シーズンには経験者2人という組み合わせが理想的だと今は述べている。

23歳のロッシはアメリカ人であり、ルーキーでもあるが、それでもなおハースとは交渉していることをほのめかしている。

「1年のこの段階では常に交渉は行われている」と彼はオランダ誌『Formule 1(フォームレ1)』に語った。

「話すことはそれほどない」とマルシャとケータハムでテストドライバーを務めたロッシは付け加えた。

「彼ら(ハース)は今、チームを立ち上げようとしているところで、年末には希望のドライバーを選ぶだろう――今はまだ7月だ」

F1でレースをする準備はできているかと尋ねると、彼はこう主張した。「それはしばらく前からできている」

「GP2で3年目のシーズンを過ごしたことは後悔していない。去年の冬にはインディカーのことも考えたんだ。でも、僕はF1ドライバーになるという夢をかなえるために2009年にヨーロッパに来た。そのためにはこれがベストの方法だったんだ」とロッシは付け加えた。

© ESPN Sports Media Ltd.