News

  • FIA

スーパーライセンス資格のポイント方式を改訂

Me
2015年7月11日 « ブリアトーレに有罪判決 | リカルド、レッドブル残留への思いを強調 »
© FIA
拡大

他のシリーズのドライバーがF1でレースをするために必要なスーパーライセンスを取得するためのポイントシステムをFIAが改訂することにした。

シングルシーター経験を1年しか持たない17歳のマックス・フェルスタッペンのデビューが波紋を呼び、モータースポーツ統括団体は2016年から18歳以上という最低年齢を設けることにした。また、ドライバーたちはライセンスを取得するためにジュニアカテゴリーで決められたポイントを取得しなければならなくなる。

しかし、当初のポイント配分は論争を巻き起こした。"未来のF2選手権"が他のシリーズより上に位置づけられており、フォーミュラ・ルノー3.5の価値はF3やGP3より下という格付けだった。これに多くのジュニアシリーズが不満を訴えた。割り当てられたポイントに不満な者や、リストそのものに含まれていない者もいたため、FIAは10日(金)にメキシコシティーで開かれた世界モータースポーツ評議会(WMSC)で、その修正を試みた。

新たにドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)と世界ツーリングカー選手権(WTCC)が組み込まれた他、一度スーパーライセンスの資格を得たものの、"F1でレースをする機会がない者"に対しては緩和措置が設けられた。この恩恵を受けるのは、パスカル・ウェーレインやスージー・ウォルフのようなテストドライバーたちだ。彼らはまだレース経験がないため、ライセンスを失う恐れがあった。

改訂されたシステムでは、将来のFIA F2選手権、GP2、FIA F4、世界耐久選手権(WEC /LMP1クラス)とインディカーがすべて同じ位置づけ(チャンピオンポイント)となっている。次に来るのがフォーミュラ・ルノー3.5で、GP3シリーズと全日本選手権スーパーフォーミュラが続く。WTCC、DTMとインディ・ライツはそれぞれ優勝者に15ポイントと対等で、国際F4とF3選手権、フォーミュラ・ルノー(ユーロカップ、ALPSまたはNEC)とCIK-FIA世界選手権が続く。

すべてのシリーズで年間1位から10位のドライバーまで順にポイントが与えられる。フォーミュラE選手権はシリーズそのものはポイントシステムに含まれていないが、王者には自動的にスーパーライセンスが与えられる。

WMSCはまた、今月のストラテジーグループが提唱した他のルール改革案についても承認している。F1に参戦した新たなマニュファクチャラーには、1年目のシーズンで5基目のパワーユニットが与えられる。これはさかのぼってHondaに適用されることになり、マクラーレンのドライバーたちは事実上、ペナルティーなしでエンジン交換をすることが可能となる。

またパワーユニット交換時のペナルティーについても変更が了承された。未消化のペナルティーをレース中に科すルールは撤廃され、コンポーネントが4基を超えてしまった場合の降格は最大でグリッド最後尾となる。これまでのペナルティーシステムでは、ドライバーたちはグリッド最後尾に回されただけでなく、レース中にもペナルティーを消化しなければならなかったため、カナダとオーストリアで批判的な目が向けられていた。

【スーパーライセンスポイント改訂版】

年間ランキング 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
FIA F2 40 40 40 30 20 10 8 6 4 3
GP2 40 40 30 20 10 8 6 4 3 2
ヨーロッパ F3 40 30 20 10 8 6 4 3 2 1
WEC (LMP1) 40 30 20 10 8 6 4 3 2 1
インディカー 40 30 20 10 8 6 4 3 2 1
フォーミュラ・ルノー3.5 35 25 20 15 10 7 5 3 2 1
GP3 30 20 15 10 7 5 3 2 1 0
スーパーフォーミュラ 25 20 15 10 7 5 3 2 1 0
WTCC 15 12 10 7 5 3 2 1 0 0
DTM 15 12 10 7 5 3 2 1 0 0
インディ・ライツ 15 12 10 7 5 3 2 1 0 0
国際F4 12 10 7 5 3 2 1 0 0 0
国際F3 10 7 5 3 1 0 0 0 0 0
フォーミュラ・ルノー
(ユーロカップ、アルプス、NEC)
 10 7 5 3 1 0 0 0 0 0
CIK-FIA 5 3 2 1 0 0 0 0 0 0

© ESPN Sports Media Ltd.