News

  • ル・マン24時間

ヒュルケンベルグ、ル・マンは3番手スタート

Me
2015年6月12日 « リカルド残留は"確実"とマルコ | スリルが足りないとライコネン »
© Porsche
拡大

今年のル・マン24時間の予選はポルシェが上位を独占し、ニコ・ヒュルケンベルグは3番グリッドからスタートすることになった。

ヒュルケンベルグはニック・タンディ、アール・バンバーとともに19号車をドライブする。予選タイムはニール・ヤニ、マルク・リーブ、ロマン・デュマのポールタイムから2秒以内につけた。ヒュルケンベルグは今年ポルシェと契約し、世界耐久選手権(WEC)の2戦でスポット参戦することになった。5月のスパ6時間を経験して今週末はル・マンに臨む。今年のイベントはちょうどカナダGPとオーストリアGPの間に開催されている。

元レッドブルのマーク・ウェバーが2番手スタートだ。彼はポルシェの17号車をティモ・ベルンハルト、ブレンドン・ハートリーとシェアしており、ポールから0.880秒のタイムだった。後ろにはアウディが3台続く。ル・マンのディフェンディングウイナーで、昨年ケータハムでベルギーGPを走ったアンドレ・ロッテラーがブノワ・トレルイエ、マルセル・フェスラーとともに5番手からスタートする。

元マルシャのドライバーでル・マン初参戦のマックス・チルトンは13番手。チルトンはヤン・マーデンボロー、オリヴィエ・プラと組んでNissan GT-R LM NISMOを駆る。

マクラーレンのリザーブドライバーを務めるケビン・マグヌッセンの父、ヤン・マグヌッセンが大きなクラッシュを引き起こしたため、セッションが打ち切られる場面もあった。「父は大丈夫」とその後ケビンがツイートしている。

レースは13日(土)の15時(日本時間22時)スタートだ。

© ESPN Sports Media Ltd.