News

© Getty Images
拡大

Mr.ビーン役で知られるイギリスの俳優、ローワン・アトキンソンが、所有していたマクラーレンF1を800万ポンド(約15億円)で売却した――1997年に50万ポンド(約9,500万円)で購入した車だ。

クルマ好きで有名なアトキンソンはこれまで2回、このマクラーレンF1で見出しを飾っている。最近では2011年に大クラッシュして大破させたが、本人は幸い無傷だった。その際の修理費はおよそ90万ポンド(約1億7,000万円)だったという。

また彼は『BBC』の人気番組『Top Gear(トップギア)』の「有名人レース」のコーナーでドライビングスキルを披露し、シーズンで2番手タイムを記録したことも。F1レースにも何度か顔を出しており、2011年のインドGPでルイス・ハミルトンとフェリペ・マッサがクラッシュした際にマクラーレンのガレージでまるでMr.ビーンのようなリアクションを見せたのをFOMのカメラに撮られていた。

6.1リッター、V12エンジンのマクラーレンF1は世界でも珍しいスーパーカーの1台で、トップスピードは時速240マイル、650馬力の怪物だ。ゴードン・マーレイ設計の車両は107台しか製造されておらず、そのうちスタンダードロードカーはわずか64台。

車を手放すのは寂しくないかと『Telegraph(テレグラフ)』に聞かれ、アトキンソンは答えた「ああ、そりゃもちろん寂しいよ。でも以前ほど乗らなくなったし、ちょうどいいタイミングかと思って」

© ESPN Sports Media Ltd.