News

再び話題に上っているタイヤ問題 © Sutton Images
拡大
関連リンク

しばらく議論から遠ざかっていた"タイヤ"や"ピレリ"というキーワードが、再びF1界の話題に上っている。

数年前に数々のバーストや崩壊で避難を浴びていたピレリ。モータースポーツ責任者のポール・ヘンベリーは先週、もはや"悪者"ではない日々を満喫していると認めていた。

しかし、水面下では不満が続いていたようだ。

パワーユニット時代の幕開けからピレリは大幅にコンサバティブな方針に転換し、ラップタイムが上がらなくなる中でドライバーたちは"コンクリート"のようなタイヤについてささやき合ってきた。

マーク・ウェバーのようにF1のピレリタイヤとプロトタイプスポーツカーのミシュランタイヤを最近経験したドライバーは、ミシュランではいかに全ラップの全コーナーでプッシュできるかを喜びとともに語っている。

ミシュランも先週に2017年のF1タイヤ単独サプライヤーに就くことを申し出るのを検討していると述べ、この傾向に勢いをつけた。

すぐさまこれを非難したのがバーニー・エクレストンで、ミシュランはピレリ製品のようにショーをインスパイアするのではなく、"岩のように固いタイヤ"を供給するだろうと話した。

エクレストンの言い分に対し、ル・マンとF1の双方でミシュランを履いた経験のあるアラン・マクニッシュは「誰にでもそれぞれの考えがある」と述べつつ、次のように『Twitter(ツイッター)』や『Facebook(フェイスブック)』で続けた。

「(しかし)僕の・・・18年の経験がこうだったとは言えない」

しかしながら、エクレストンのピレリ擁護には影響力のある仲間がいる。

現王者チーム、メルセデスの首脳陣の一人であるパディ・ロウが、一部のドライバーの主張にもかかわらず、ピレリはF1の見応えを"かなり"改善させたと述べているのだ。

「ピレリがF1にやってきてから、以前よりずっとエキサイティングなレースになったと私は思う」

そう話すロウはドライバーたちがレース全体でプッシュすることができないと不満をもらしているのを認めつつ、「しかし、それは過去にも(F1の)一つの要素だった」とつけ加えた。

「今は少しだけ大きな要素になったかもしれないが、ドライバーに必要なスキルを増加させてもいる。したがって、やはりすべてはエキサイティングなパッケージの一部だ」

© ESPN Sports Media Ltd.