Features

  • レディオ・ガガ - スペインGP

「言う通りにしないと、エンジンがブローするぞ」

Me
2015年5月13日
© Sutton Images
拡大

スペインGPから『ESPN』がよりすぐりの無線コメントを紹介する。

「ちょっとでもスロットルに触るとホイールスピンする!」

ジェンソン・バトンにとってキャリアで最も恐ろしい30周は、マクラーレンのピットウオールへの慌てた様子のメッセージから始まった。

「われわれのタイヤは良さそうだ。プランCで行こう」

ミディアムタイヤでの第1スティントの走行を見たウィリアムズは、バルテリ・ボッタスにレース前の想定を越えた戦略の適用を伝えた。

「(放送禁止用語)一体このマルシャは何やってんだ!? これでもう3コーナーも道の真ん中を走ってるぞ」

ブルーフラッグを無視し続けるロベルト・メルヒにいつもの調子で毒づくキミ・ライコネンだった。

「ロマン、言う通りにしないとエンジンがブローするぞ」

これ以上ないほど"明確な結末"をロマン・グロージャンに突きつけたロータス。

「絶対に不可能だって言いたいの?」
「そうだ、ルイス。不可能だ」

レース終盤、18秒前にいたニコ・ロズベルグを追おうとしたルイス・ハミルトンだったが、チームに制止されてしまう。レース後、ワールドチャンピオンは至って不機嫌だった。

「カモーン、ブルーフラッグ!」

バックマーカーに追い付いてしまい、いら立って叫びを上げたセバスチャン・ベッテル。

「ストレートで何か失ったよ。ストレートで何か失ったんだけど」

FP2の最中にややおびえた様子でトラブルを報告するロマン・グロージャン。実は彼の後ろでエンジンカバーが吹き飛び、マシンに大きな穴が開いていた。

© ESPN Sports Media Ltd.