News

V6パワーユニット時代に同じ見解を持つモンテゼモーロとブリアトーレ © Sutton Images
拡大

20年以上にわたってピットウオールに座り、何度もタイトルを獲得してきたフラビオ・ブリアトーレだが、今ではたまにしかグランプリを見ないという。

「日曜日に(バーレーンの)レースを10分見たが、その後はほかのことをしていた」と彼は今週始めにイタリア国営ラジオ『Rai(ライ)』で語った。

「彼らは3億ユーロ(約404億円)を費やしながら、レースではドライバーを規制しなければならない」

F1ドライバーは燃料やタイヤのセーブなど考えずに、レースでは"予選ラップを60周"するべきだとブリアトーレは言う。

ルールは今やF1の内部関係者までもが熱心に研究するトピックとなった。新しいスポンサーが投資を敬遠し、集客率が下がっているためだ。

「今のF1には多くの技術が使われているが、本当のレースがなくなってしまったことに人々は気づいたんだ」とブリアトーレは述べた。

新しいパワーユニット時代を拒否する権限を持っていた者、前フェラーリ社長のルカ・ディ・モンテゼモーロも、そうしなかったことは間違いだったと悔やんでいる。

「ハイブリッドエンジンには確かに未来がある」と彼は『La Repubblica(ラ・レプッブリカ)』に述べた。「しかし、今にして思えば、反対するべきだった」

「今のF1は、たぐいまれなスペクタクルという点は代わらないものの、マーケットシェアを失っている」

テストドライバーを長く務めたペドロ・デ・ラ・ロも、現代F1の問題を見抜いている。

「エンジニアが主役となり、F1は一般市民に理解も歓迎もされない複雑すぎるレギュレーションを作ってしまった」と彼はスペイン紙『Diario Sport(ディアリオ・スポルト)』に述べた。

「マシンはコーナーで遅くなり、ドライバーはエンジニアに言われてスイッチを変える」とデ・ラ・ロサは付け加えた。

「マックス・フェルスタッペンのケースがそれを証明している。彼の才能は確かに素晴らしいけど、F3からF1へのジャンプはそれほど大きなものではなくなってしまった」

「彼や(カルロス)サインツがこんなに早く適応できるのはいいことではない。F1が下位カテゴリーに近すぎるということだし、それを特別なものにしていたパフォーマンスの差がもはや存在しなくなってしまったってことだからね」

© ESPN Sports Media Ltd.