News

DTMの方がおもしろいと考えているグロック © BMW
拡大
関連リンク

元F1ドライバーのティモ・グロックがF1は"つまらなくなった"と話している。

33歳のグロックは2009年にトヨタがF1から撤退するまで同チームのドライバーを務めていた。

2012年まではマルシャでドライブしていたグロックだが、最終的には"ペイドライバー"起用の傾向が高まる中でシートを失っている。

現在、グロックはドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)でBMWを駆っている。F1との比較において、グロックはDTMに好意的だ。

「DTMはポジティブなメッセージを発信し、コスト低下を維持している」とグロックはドイツの日刊紙『Bild(ビルド)』に語った。一方、F1についてはこう話すグロック。

「一番お金のあるチームが先頭にいて、他は自分たちのいる場所を見つめるしかない」

それだけでなく、「F1のレースはすごくつまらなくなった。僕ら(DTM)とは違う」という。

現チャンピオンのメルセデス勢に触れつつ、グロックは「フェラーリのセバスチャン・ベッテル以外には、誰もトップについていけない」と述べた。

© ESPN Sports Media Ltd.