News

開幕戦で眠気をこらえきれなかったというバリチェロ © Getty Images
拡大

2015年の開幕戦は何かの手違いであってほしいと3人の元F1ドライバーが語っている。

オーストラリアでは、ギド・ヴァン・デル・ガルデと法廷で争ったザウバーが危機一髪で差し押さえを免れ、マノーは一度もピットを出ることができなかった。近年最低台数でスタートしたレースはメルセデスが独走し、ダニエル・リカルドに"退屈"なレースと言わしめた。

その後、レッドブルはテクニカルレギュレーションに抗議して撤退をちらつかせ、F1の専門家たちはスポーツの根幹が壊れてしまったのかと嘆いた。

「レースを見ようとはしたんだ。でも、どうしても起きていられなかった」とF1最多出走記録を持つルーベンス・バリチェロはブラジル『Globo(グロボ)』に打ち明けた。

元F1ドライバーのネルソン・ピケJr.もこう述べた。「僕はレースを見ていないんだけど、15台か16台しかスタートしなかったって聞いて残念に思った」

「F1がそんなレベルになってしまったなんて残念だ。強いクルマがたくさんいてコンペティティブだった頃に戻ってほしい」

最後に、元マクラーレンドライバーでコメンテーターのジョン・ワトソンは『Daily Mail(デイリー・メール)』にこう語った。「FIAやCVC、行政組織の問題なのかどうかは分からないが、一度顔をそろえて"われわれは一体何をしているのだろう?"と話し合うべきだ。"われわれは何を目指しているのか?"」

「"そして、それを達成できているのか?"と考えてみるべきだ」

© ESPN Sports Media Ltd.