News

  • F1

エクレストン、バレンシアの汚職裁判の証人に

M.S.
2015年3月17日 « メルセデスに落ち度はないとバトン | ヴァン・デル・ガルデに19億円の補償金で解決か »
かつての会場だったバレンシア © Sutton Images
拡大
関連リンク

かつてバレンシアの市街地で開催されていたグランプリについての汚職裁判で、バーニー・エクレストンが証人に指名された。

2008年から20012年にレースを実施していたスペインの港町バレンシアの職員らが汚職、公金横領、不正利用の罪に問われている。

スペイン『EFE通信』が伝えるところによれば、エクレストン以外にも13人の証人がバレンシアの高等裁判所に召喚されているという。

84歳のエクレストンは「直接、もしくはテレビ会議を通じて」証言する報じられた。

© ESPN Sports Media Ltd.