News

© Sutton Images
拡大

ルノーは2015年のエンジンが後退していることを認めており、マネジングディレクターのシリル・アビテブールは問題解決のためにいくつかの"基本的な共通認識"に戻る必要があると説明した。

開幕戦オーストラリアGPの週末中に2度のエンジントラブルが発生し、レッドブルから激しい非難を受けたルノー。レッドブルのダニエル・リカルドとトロ・ロッソのマックス・フェルスタッペンのエンジンにそれぞれ異常が起きた。その上、レッドブルとトロ・ロッソのドライバー4名全員がドライバビリティの問題に悩まされ、メルセデスとフェラーリに較べてパフォーマンスも大きく劣っていた。

「非常にフラストレーションのたまる週末だった。冬の間に本当の進展があったことは分かっているが、それをここで見せることができず、実際は後退しているようにさえ見えただろう」とアビテブールは語った。

「冬季の最後の数週間にわれわれが行った開発のペースを踏まえれば、これらの改善にアクセスするためにできる変更は多くないかもしれない。今は反応する必要があるが、し過ぎてはならず、これまで数年のF1エンジン開発のすべてでわれわれのアプローチの元となったいくつかの基本的な共通認識に立ち戻らなくてはならない」

「シーズンは長いだろうが、われわれにはこの非常にまずい2015年シーズン幕開けを過去のものにできるだけの時間と能力がある」

レッドブル代表のクリスチャン・ホーナーは次のように苛立ちを爆発させている。

「彼らは(明確なビジョンを)持つ必要があるし、それを迅速に行う必要がある。フェラーリが前に進んでいるのは見て取れる。ザウバーは、彼らには心から敬意を表するが、彼らが昨年から今年の間にシャシーであれだけのものを見いだしたのではないと思う。なぜなら、ほとんどの部分が同じであり、フロントウイングやリウイングも変わっていないからだ。つまり、フェラーリが良き進展を果たしたのであって、ルノーは目下のところ逆行したように見える」

トラックオペレーション責任者のレミ・タフィンはルノーが直面している問題のいくつかを説明した。

「信頼性は標準以下で、ダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンはICE(インターナル・コンバッション・エンジン)の問題に悩まされた。2つの問題に関連はなく、すでに再発を確実に防ぐためにリカバリープログラムを調べはじめている。最大の問題はドライバビルティで、すべてのドライバーたちがマシンで快適に感じることを難しくしている」

「それがペダルアプリケーションとコーナーでの信頼性に影響し、今週末のラップタイムとポイントを失わせた。これはマップやパワーユニットの設定方法に関連しており、簡単な修復ではないのは間違いないが、完全な再設計を必要とするわけでもない。マレーシアの前にやるべきことは山積みだが、今週末と同じ問題を繰り返さないというモチベーションも高い」

© ESPN Sports Media Ltd.