News

  • F1

エクレストンに資金繰り問題を訴えるF1チーム

Jim
2015年3月1日 « ドイツGP救済の"手助け"を申し出るメルセデス | エクレストンを挑発したアリバベーネ »
資金繰りに問題があったことを認めたファーンリー © Sutton Images
拡大

2015年シーズンの開幕が2週間後に迫っているにもかかわらず、いまだグリッドの様子ははっきりしていない。

問題はメルセデスでグリッド復帰を目指すマノー・マルシャの存在だけではない。

例えば、プレシーズン最後のテスト、しかも2日目の午後になってようやく2015年型マシンを走らせたフォース・インディアは過去数カ月に渡って絶望的な財政問題とサプライヤー問題を抱えているとのうわさがささやかれていた。

副チーム代表のボブ・ファーンリーは『Sky(スカイ)』に「われわれは資金繰りの問題を抱えていた。それについては疑問の余地がない。どの独立系チームにとっても厳しい」と認めている。

実際、テストが行われているバルセロナのパドックでは2週間後のメルボルンにたどり着き、シーズンを通して生き残れるのは5チームないし6チームではないかともっぱらだ。

その状況下で、最近、バーニー・エクレストンがロンドンでロータス、フォース・インディア、ザウバーの首脳と会談していたと『Auto Motor Und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』が報じている。

財政問題が伝えられる3チームはエクレストンに対し、"資金繰り"の問題によりメルボルンにさえ行けないかもしれないという最悪のシナリオを訴えたという。

ロータスのオーナーであるジェラルド・ロペスは「11月、12月、1月は最悪だ。その間にデザイン、製造のプロセスを踏むので、外から(収入が)何も入ってこない中で予算の43%を費やさなければならない」と説明した。

まさに、フォース・インディアに起きていた事態でもある。同チームのサプライヤーの中に突然、先払いを要求し始めたところがあると言われている。

フォース・インディア関係者によると「4月からは大丈夫。再び資金が流れ始める。とにもかくにも、メルボルンのスタートにはいる」とのことだ。

一方、『Speed Week(スピード・ウイーク)』は2月28日(土)にバルセロナでメルセデス、フェラーリ、ルノー、HondaのF1エンジンメーカー4社が2017年について議論するため会議を開いたと伝えた。

会議ではV8エンジン復活が一蹴されつつも音を大きくし、よりパワフルにする方向での話し合いが行われたが、結論には至らなかったようだ。

© ESPN Sports Media Ltd.