News

  • バーニー・エクレストン

エクレストン、旧型レッドブルでのBクラスを構想

M.S.
2015年2月11日 « 小規模チーム崩壊の影響を受けたフォース・インディア | フェルスタッペン、「準備の整ったティーンもいる」 »
新たな策を考案中のエクレストン © Sutton Images
拡大
関連リンク

バーニー・エクレストンはF1グリッドが縮小し続けた場合の対策案に引き続き取り組んでいる。

今年に復帰しようというマルシャの試みが失敗に終われば、2015年のピットレーンには9チームしか並ばない。

さらにフォース・インディアやザウバー、そしてロータスさえも財政的に厳しい状況にあると見られる中、近い将来にグリッドに並ぶマシンが16台を下回るかもしれない。

よくうたわれるソリューションの一つが1チームから3台出す案だが、ドイツ『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』はエクレストンが他の解決策に乗り出していると伝えた。

同誌のミハエル・シュミットは、エクレストンが密かに"2013年のレッドブルマシンと『Mecachrome(メカクローム)』のV8エンジン"で"Bクラス"を設ける案を気に入っていると主張。

当初エクレストンが提示していたアイディアは"スーパーGP2"的なもので、より強力なエンジンを積んだフィーダーシリーズのマシンを特色にするものだ。

だが、シュミットは1,500万ユーロ(約20億2,000万円)のスタートアップパッケージでBクラスへのエントラントを惹きつけるというのがエクレストンの新案だと報じた。

「元F1チーム代表のコリン・コレスが2013年のレッドブルシャシーとしてベースを準備する見込みで、V8エンジンはフラビオ・ブリアトーレがメカクロームで製造するだろう」とアウト・モートア・シュポルトにはある。

シュミットは先週の5日(木)にパリで開かれたストラテジー・グループのミーティングにて、最初の提案がフェラーリ、メルセデス、マクラーレンによって拒絶されたと述べた。

© ESPN Sports Media Ltd.