News

  • ロバート・クビサ

クビサ、自身のWRCチームを立ち上げ

Me
2015年1月23日 « ペース改善の幅は3秒と予想するピレリ | イリエン、「工夫で音色は改善可能」 »
RKワールドラリーチームを立ち上げたクビサ © Getty Images
拡大
関連リンク

2015年の世界ラリー選手権(WRC)を戦うためにロバート・クビサが自分のチームを立ち上げた。

クビサは2011年の開幕前に、ラリー中の事故によってF1キャリアの停止を強いられた。

しかし、レースの世界に復帰を果たしており、現在はラリーの最高峰カテゴリーに挑戦中。

30歳のクビサが、2015年の選手権でRKワールドラリーチームと名付けられた自身のチームでフォード・フィエスタを走らせることになったと『SID(シド通信)』が報じた。

シーズン最初のラウンドは今週のラリー・モンテカルロだ。クビサは2014年にMスポーツ・ワールドラリーチームでドライブし、選手権を16位で終えている。

© ESPN Sports Media Ltd.