News

Hondaにも開発を認めるよう、エクレストンが口添えしていたという © Sutton Images
拡大
関連リンク

Hondaにも2015年のエンジン開発を許可することにしたFIAの方針転換に、自分が関与していたことをバーニー・エクレストンが認めた。

当初、FIAはマクラーレンの新ワークスパートナーには、2014年からエンジンを供給しているメルセデス、フェラーリやルノーのように、シーズンの開幕以降も"トークン"を使って開発を続ける権利を与えない決定を下していた。

しかし、FIAは結局、Hondaにも2015年中に一定量の開発を許可することにした。その転換には、F1最高責任者のエクレストンが関わっていたという。

「この件についてわれわれはFIAと議論した」とエクレストンはロシアの『f1news.ru』に語った。「私は、もう少し違うアプローチを取る必要があると述べたんだ。さもなければ、これ以上誰もチャンピオンシップに参戦したがらないだろうからね」

© ESPN Sports Media Ltd.