News

  • マックス・チルトン

チルトン、2016年のインディカーを視野に

Me
2015年1月23日 « トッド、ストレイフを訴える | エクレストンがHondaに口添え »
© Sutton Images
拡大

元マルシャのドライバー、マックス・チルトンが、今シーズンのインディ・ライツに初挑戦するカーリンをアシストすることになり、2016年のインディカーでのシート獲得も視野に入れていると語った。

チルトンは昨シーズンのマルシャの崩壊によってシートを失ったが、GP2時代に2勝を挙げたカーリンチームと再タッグを組むことになった。インディ・ライツはインディカーのサポートシリーズで、チルトンは来週フロリダのホームステッドで3日間のテストに参加する。

「アメリカでカーリンをアシストすることになってすごくワクワクしている」とチルトンは述べた。「2015年のオプションについてはまだ考え中だけど、インディカーのパッケージは興味深いチャレンジだ。インディ・ライツでチームの開発をアシストしながら、強力な知識と経験を基に、2016年のインディカープログラムに向けてオプションを広げておくつもりだ。アメリカで初シーズンを迎えるカーリンの人たちのために、できるだけ役に立てればなおうれしい」

F1経験を生かしてチームに詳細なフィードバックをもたらすという点で、チルトンはチームがインディ・ライツで勢いをつけるために"重要な役目を果たす"とカーリンは述べた。

© ESPN Sports Media Ltd.