News

来季も44番をつけてチャンピオンシップに挑む王者ハミルトン © Getty Images
拡大
関連リンク

ルイス・ハミルトンは2015年シーズンのメルセデスマシンに憧れのナンバー1を付けない。

クリスマスを目前に控え、来シーズンのエントリーリストを公表したF1統括団体であるFIAは2014年のチャンピオンに輝いたハミルトンがレギュラー番号である"44"を背負うことを選択したと明かした。

世界タイトルを獲得した直後、ハミルトンは「44が僕の番号だ。カート時代の初めてのチャンピオンシップ制覇も44番だったから、自分のマシンにこの番号を付け続けられるかチームに聞いてみる」とコメントしており、右耳の後ろには"44"のタトゥーも入っている。

また、今回のエントリーリストに載せられた中で3チームが"承認待ち"のマークを付けられている。

ケータハムとマノー(もともとはマルシャとして活動するもエントリーリストの登録名がマノーに変更されている)が承認待ちであることに驚く者は少ないだろう。

しかし、もう1チームはすでに来季のレースドライバーを確定させているロータスだ。ロマン・グロージャンとパストール・マルドナドが継続してタッグを組むロータスは来季からメルセデスエンジンを積むことも決まっている。

© ESPN Sports Media Ltd.