News

  • ティモ・グロック

マッサがロズベルグの頼みの綱とグロック

Me
2014年11月20日 « わずかな望みを胸にメルヒがアブダビ入り | オコンが金曜フリー走行デビュー »
マッサのコメントを"微笑を浮かべて"読んだというグロック © BMW
拡大

ニコ・ロズベルグがオッズをひっくり返して2014年のタイトルを取るには強いウィリアムズドライバーが必要になる。

そう語るのは元F1ドライバーのティモ・グロックだ。彼は6年前にチャンピオンシップ決定戦となったブラジルの最終コーナーでルイス・ハミルトンに抜かれ、一躍注目された。

これによってタイトルを失ったのがフェリペ・マッサだった。マッサはそれが忘れられないようで、数日前にも"あるドイツ人"によって自身のタイトルのチャンスを奪われたと発言している。

「これだけ時間が経過しているのに、あれ(マッサのコメント)には驚いた」と今はドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)でBMWのワークスドライバーを務めるグロックは『Sport1(シュポルト・アインス)』に語った。「彼(マッサ)の言葉は微笑を浮かべて読んだよ」

奇遇にも、マッサは今再びハミルトンのタイトル争いに巻き込まれている。そのライバルはメルセデスのチームメイト、ロズベルグだ。

ロズベルグは日曜日の表彰台で自分たちの間に割って入るドライバーを必要としている。2週間前のブラジルで彼は好調のマッサにその役目を果たしてほしいと希望を口にした。

「ロズベルグの最大のチャンスはテクニカルトラブルだ」とグロックは述べた。「でも、そんな形での決着は誰も見たくない」

「ウィリアムズはアブダビでもかなり強いと思うから、彼(ロズベルグ)はフェリペ・マッサかバルテリ・ボッタス(の活躍)に期待できるかもね」

「彼(ロズベルグ)にはまだチャンスがある」とグロックは続けた。「2010年のセバスチャン・ベッテルはもっと厳しいポジションだったと思うけど、それでも彼は達成した」

「2人ともワールドチャンピオンにふさわしいと思う」と彼は言う。「終盤はハミルトンの方が明らかに強かったけど、初めはニコの方が強かった」

議論を呼ぶダブルポイントについて、グロックはこう述べた。「1つのレースにそれほど重きを置くのはちょっと奇妙な考えだと思ったよ」

「でも、ハミルトンのクルマにトラブルが起きれば、通常のポイント制でも彼はタイトルを失うだろう」とグロックは付け加えた。

© ESPN Sports Media Ltd.