News

© Sutton Images
拡大

FIAが無線通信をめぐる最新の規制について具体的に何が許容されて何がそうではないかを明示するとともに、このルールはピットボードにも適用されると認めた。

15日(月)、FIAは先週に各チームへ送付された技術指示に長文の補足を発行した。これには新ルール下においてピットボードおよび無線コミュニケーションで可能なことおよび不可能なことが示されている。また、"暗号化されたと見えるあらゆるメッセージ"も対象になると強調されている。

安全性の見地からチームに新しいフェイルセーフシステムを整える機会を与えるため、一部のルールは日本GPまで適用されない。すでにメルセデスのクリスチャン・トト・ウォルフが新ルールで議論が巻き起こると予測しているが、チームらはシンガポールにてFIAと会合を持ち、今回の変更について話し合いを進め、グレーゾーンを明確化する見込みだ。

【引き続き許容される通信内容】

規制はピットボードも対象に © Sutton Images
拡大
  • ドライバーのメッセージを聞いたとの確認応答
  • チームドライバーのラップタイムおよびセクタータイムと、ライバルのラップタイム
  • 全セッションにおけるライバルとのギャップ
  • "ここでプッシュしろ"、"ハードにプッシュせよ"、もしくは"誰々とレースすることになる"といったメッセージ
  • 全セッションにおけるトラフィックの警告
  • 予選において、アタックラップに向けたドライバーのポジショニングをサポートするためのマシン間のギャップ
  • パンクチャーの警告
  • 次回ピットストップでのタイヤ選択
  • レースにおいて、ライバルの現在のタイヤの新しさ
  • ライバルが使用するコンパウンド
  • レースにおいて、ライバルのマシンに生じている可能性のある問題の指摘
  • ライバルがとる見込み、もしくはとると考えられるレース戦略
  • フラッグコーション(黄、青など)およびセーフティカー配備についての情報
  • セーフティカーの出動期間
  • チーム、ドライバー、ライバルによるシケイン不通過やトラック制限等のペナルティにつながる可能性のある違反行為
  • DRS使用可否およびDRSシステム不具合の通知
  • 次のピットストップでのフロントウイングポジションの変更
  • 天候情報
  • ピットもしくはリタイアの指示

    【禁止される通信内容】

  • ライバルのセクター詳細、およびライバルがどこで速いか、もしくは遅いかの情報
  • パワーユニットセッティングの調整
  • システムの負荷軽減のためのパワーユニットセッティング調整
  • ギアボックスセッティングの調整
  • ギアボックスから取得できるギアの情報(日本GP以降で適用)
  • 充電率のバランシングもしくはパフォーマンスのための調整
  • 燃料流量設定の情報(レースコントロールによる指示があった場合を除く)
  • 必要とされる燃料セーブレベルの情報
  • タイヤ圧もしくは温度についての情報(日本GP以降で適用)
  • ディファレンシャルの設定情報
  • レーススタート時とピットストップにおける、クラッチポジションに関連するスタートマップ
  • バイトポイントなどのクラッチマップもしくはセッティング情報
  • レーススタート前のバーンアウト
  • ブレーキバランスもしくはブレーキ・バイ・ワイヤのセッティング情報
  • ブレーキの摩耗や温度の警告(日本GP以降で適用)
  • ドライビングの初期設定の選択(明確に特定された問題がある場合を除く)
  • ドライバーからの直接の質問に対する回答(「今、正しいトルクマップを使っている?」等)
  • 暗号化されたように受け取れるあらゆるメッセージ

    © ESPN Sports Media Ltd.