News

  • フォース・インディア

延長契約を煮詰めるペレス

Me
2014年9月4日 « ハウグ、チームメイトバトルは"必要" | レースシート獲得を望むメルヒ »
© Sutton Images
拡大

2015年にリザーブドライバーのダニエル・フンカデラとの交代のうわさも聞かれるセルジオ・ペレスだが、彼はフォース・インディアとの新たな契約に近づいていると述べた。

スペインでは今週、ペレスが他のチームとも話していることを認めたことを受けて、フォース・インディアのスポンサー『Astana(アスタナ)』の支援を受けるフンカデラがペレスの後任候補として浮上したと伝えられた。しかし、ペレスは自分のシートをめぐるうわさを気にとめず、2014年以降もフォース・インディアに残りたいと主張した。

「話せるのは、来年の契約に向けて話し合っているということだけ」とうわさについて聞かれ、ペレスは答えた。「フンカデラのことは(報道以上のことは)知らない」

ペレスは昨年、たった1年であっさりとマクラーレンを放出されるという憂き目に遭った。だが、歴史が繰り返す心配はしていないという。

「いや、別に(心配していない)。だって今の僕は違う立場だし、ここでは僕の方の決定権が大きい。チームと話をまとめて契約を結ぼうとしている。一緒にそうできると信じているよ。それはチームとしなきゃならない契約の一部だ。メディアと議論することじゃないし、チームの中で内々に話すべきことだ。でも、以前より契約に近づいていると思う」

この3年で3つ目のチームをドライブしているペレスは、今年のドライバーズマーケットはやや動きが少ないと考えており、 チームからチームへと渡り歩く雇われ兵ではなく、フォース・インディアのドライバーとしての地位を確立したいと述べた。

他のチームに目を向けているかと尋ねると、彼はこう答えた。「いや。そんなにオプションはないし、僕はチームがすごく順調に進歩していることに満足している。特に来年についてはどうなるか分かっているから、理想的にはこのチームで2年目を過ごしたい。チームを変わってばかりいると、きちんと自分を確立することができないから、僕は1つのチームで自分を確立したいんだ。このまま2年目を続けるのがベストだと思う」

© ESPN Sports Media Ltd.