News

態勢を整えて2016年のデビューを希望 © Getty Images
拡大

新チームのF1デビューが2016年になるとの報道をジーン・ハースが認めた。

NASCAR共同チームオーナーであるハースは新たにエントリーしたハース・フォーミュラのグリッドデビューは来季が"プランA"だと話していた。

しかし、今週になってハースはF1ビジネスジャーナリストのクリスチャン・シルトに「個人的な見解として、私は本当に2015年にレースしたかった。そこに腰を落ち着けるのは難しく、ノーと言おう」と認めた。

「信じてほしい。本当にそうしたかったのだ。「初年度とは常に難しくなるものだが、1年待つことでより準備が整えられ、おそらくそのうちの6カ月だけが非情にタフになるだろう」とハースは『Forbes(フォーブス)』に続けている。

1年遅らせることでハースにはノースカロライナでデザインおよび空力部門を立ち上げる時間ができ、イギリス南部にサテライト拠点を見つけられるとシルトは言う。

「プランは絶対に2016年に始動することで、われわれはそれに向けて全力を傾けている。それについてはいかなる疑いもない」

当初のプランはイタリアのダラーラのマシンを使用する傍ら、フェラーリのテクニカルサポートから懸命に学んでいくというものだった。

「(2016年のデビューで)われわれはより優れたチームになるはずだ。プランを練る時間が増え、カナポリスでエンジニアリングにより多くの時間を割くことができるだろう。混乱に陥ってレースできない状況より、100%レースができると確信できる方を選んだ」

だが、ハースは今週末のカナダGPには訪れる予定だ。

「ロジスティクスには学ばなければならないことがたくさんある。今週末は"どうやってあのボックスをあそこからここへ運んだ?"などの多くの質問をすることだろう」とハースは述べた。

© ESPN Sports Media Ltd.