News

  • F1

フォルツァ・ロッサのエントリーが承認か

M.S.
2014年6月3日 « イベント中の事故はロズベルグの急ブレーキ後に発生? | 反撃ののろしを上げるハミルトン »

最近のうわさにもかかわらず、2015年にはやはり12番目のチームが誕生することになるそうだ。

NASCARチームの共同オーナーであるジーン・ハースが率いるアメリカを拠点としたF1プロジェクトは、2016年まで表舞台に出てこない見込みであることがすでに判明している。

しかし、4月にハースのエントリーを承認した際、FIAは"フォルツァ・ロッサ"による"高い水準の"申し出についても"さらなる調査"が続行中だと明かしていた。

イタリア語で"赤の力"を意味するフォルツァ・ロッサはルーマニアにおけるフェラーリの正規輸入販売者の名称でもあり、地元の支援を獲得しつつ、ルーマニア出身の元HRT代表コリン・コレスがトップを務める模様だ。

今週、FIAがフォルツァ・ロッサのチームエントリーを承認することを決定したと報じられた。ただし、公式発表には至っていない。

© ESPN Sports Media Ltd.