News

サンドイッチのチェーン店を展開するアメリカの『Subway(サブウェイ)』が次のF1スポンサーになるかもしれないとF1ビジネスジャーナリストのクリスチャン・シルトが伝えた。

F1スポンサーシップの第一人者であり、サブウェイのモータースポーツにおけるポートフォリオを担当するザク・ブラウンはF1と同社が "パーフェクトにフィットする"と『Telegraph(テレグラフ)』紙に語っている。

「昨年にモントリオールにてサブウェイのチーフマーケティングオフィサーをバーニー(エクレストン)に引きあわせており、私の見解としては1年にわたって彼らはこの件を調査している」

「彼ら(サブウェイ)は消費者がすべてであり、巨大なメディア買主なので、スポーツを見てメディア的な視点からそれに匹敵するのか判断する。そして、F1はそれにかなうのだ」

また、サブウェイはF1で「チームやイベント、ドライバー」を支援する上でNASCARにおける戦略を模倣することが可能だとブラウンは示唆している。

© ESPN Sports Media Ltd.