News

新ノーズに懸念を示していたニューイ © Getty Images
拡大

新しいノーズに対する開幕前のエイドリアン・ニューイの懸念が現実になったかもしれない。

レッドブルのデザイナーであるニューイは低くなった新しいフロントノーズは醜いだけではなく、危険をもたらす可能性があるとして警告を発していた。

高さが減少されたことでマシンが空中に舞い上がるリスクは低くなったものの、ニューイは「反対のことが起こるのではないかと心配している。つまり、マシンが潜り込むのではないか」と述べていた。

実際、開幕戦オーストラリアGPのターン1で発生した小林可夢偉(ケータハム)とフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)のクラッシュを捉えた懸念される画像がある。

この写真では可夢偉のマシンの低いノーズがマッサのウィリアムズマシンのディフューザーの下に入り込み、マッサ車がアルバート・パークの路面から浮いているように見える。

高速で同様のインシデントが起これば、持ち上がったリアエンドと潜り込んだ方のドライバーの頭が接触することになるかもしれない。

メルボルンの画像はイタリア『Omnicorse(オムニコルセ)』が公開している。

© ESPN Sports Media Ltd.