News

  • F1

次なるハードルは107%ルール

Me
2014年2月27日 « 今季のタイヤ評価はまだ定まらず | 途方に暮れるトロ・ロッソ »
他のルノーエンジンユーザーに違わず、苦しんでいるケータハムの可夢偉 © Sutton Images
拡大

F1の次のチャレンジは2014年の開幕戦で全車がグリッドに並ぶことだ。

厳しいテスト制限がある中で、一新された新V6時代の技術革新にチームは取り組んでいる。 しかし、最初のバーレーンテストを終えて多くの2014年マシン――特に目立つのは現役ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルのレッドブル――が予選を突破するだけでも苦労しそうなことが明らかになった。

実際に、先週のバーレーンでニコ・ロズベルグが出した最速タイムが公式予選のポールタイムだったと仮定した場合、その107%以内に入ったのは22台のうち14台だけということになる。

「(ルールには)例外もある。それは過去のシーズンでも実際に見てきた」と元F1チームオーナーで代表も務めたジャンカルロ・ミナルディは自身のウェブサイトにつづった。

「だがそのためには少なくともプラクティスで107%以内のタイムを出しておかなければならない。現実はというと、各マシンは連続して数ラップをこなすのにも苦戦しているありさまだ」と彼は述べた。

最も問題が顕著なのはレッドブルとルノーだ。V8時代の最後となった過去4年ですべてのタイトルを獲得したコンビでもある。

「われわれは日夜働き続けている」とレッドブルのヘルムート・マルコ博士は今週、ドイツのメディアに語った。「ルノーとともに問題解決にあたっている」

元F1ドライバーのミカ・サロは、ルノーなら答えを見いだせるはずだという。

「ルノーほどの規模の組織――自動車マニュファクチャラーとしてもエンジンマニュファクチャラーとしても――なら、すぐに問題を解決できる」と彼はフィンランド放送局『MTV3』に語った。

しかし、テクニカルディレクターからF1アナリストに転身したゲイリー・アンダーソンは、レッドブルのデザイナーであるエイドリアン・ニューイも責めを負うべきだという。

「彼ら(レッドブル)は一切の再考の余地を残さなかった」と彼は『Telegraph(テレグラフ)』にコメントし、RB10のデザインを攻めすぎたレッドブルの非を指摘した。

だが、資金潤沢なワールドチャンピオンのレッドブルが最終的に危機を脱することができたとしても、同じようにルノーエンジンを使うケータハムのようなチームはどうなのだろう?

チームドライバーの小林可夢偉は苦悩している。

「まだレースができる状態じゃありません」と彼はスペイン紙『El Confidencial(エル・コンフィデンシャル)』に打ち明けた。「もし出るんなら、GP2マシンを使った方が速いでしょうね」

「現時点でレースをするとなると・・・とてもF1とはいえません」と彼は付け加えた。

© ESPN Sports Media Ltd.