News

  • ウィリアムズ

ナスルが正式にウィリアムズ加入

Me
2014年2月22日 « 「バカバカしい問題」に見舞われたフェラーリ | バーレーンテスト最終日午前:2月22日 »
© Sutton Images
拡大

フェリペ・ナスルがウィリアムズとテスト&リザーブドライバー契約を結んだ。シーズン中に5度の金曜フリー走行に参加することが決まっている。

ブラジル出身のナスルは契約発表後すぐにFW36に乗り込み、バーレーンのサーキットに出て行った。これからサーキットとファクトリーでチームと力を合わせていくことになる。ナスルは2011年にイギリスF3でタイトルを取り、その後GP2で2年間戦った。昨年の選手権ランキングは4位だが、そこでのレース勝利はない。

「ウィリアムズファミリーに加わることができてすごくうれしいよ」と彼は述べた。「彼らにはこのスポーツですごい歴史を築いているし、古今の優れたブラジル人ドライバーたちがチームで走っている。ピケ、セナ、マッサといったドライバーたちの仲間入りができるなんて光栄だ」

「これは僕のキャリアで次のステップを進む素晴らしいチャンス。バーレーンで初めてF1マシンを走らせるのが待ち切れない」

これまで彼のキャリアを支えてきた『Banco do Brasil(ブラジル銀行)』も、ナスルとともに正式にチームとスポンサー契約を結んだ。

チーム代表のフランク・ウィリアムズ卿は次のようにコメントしている。「フェリペはここまでの彼のキャリアで力強い成功の実績を残しており、以前から注目していた。ウィリアムズには若い才能を見いだしてきた実績があり、これまで世界最大のステージで彼らに実力を示す機会を与えてきた」

「今シーズン5度のFP1セッションを走ることによって、フェリペにはスキルを示すパーフェクトなチャンスが与えられる。彼がわれわれのドライバー名簿を補強してくれると確信している」

© ESPN Sports Media Ltd.