News

  • F1

マクラーレンが液晶ディスプレイを供給

M.S.
2014年2月10日 « コバライネン、ロータスでの結果が影響 | ロータス代表候補に新たな名 »

2014年にはマクラーレンが他チームに標準LCDステアリングホイール・ディスプレイを供給する。

この新ディスプレイはマクラーレン・エレクトロニック・システムズが供給する標準ECU(電子コントロールユニット)のパッケージの一部で、すでにヘレスではメルセデスやフェラーリなどのマシンに搭載されていた。

標準ECUの使用は義務付けられているものの、ギアシフト警告灯やドライバーへのグラフィカルデータなどを備えたこの多機能ディスプレイの使用は義務ではない。また、レッドブルは独自のレイアウトを継続する模様だ。

ドイツ『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』によれば13cmの新ディスプレイはPCU-8Dと呼ばれているとのことだ。

メルセデスドライバーのニコ・ロズベルグは「全くの別物。スマートフォンみたいなものさ」と語っている。

© ESPN Sports Media Ltd.