News

  • F1

ブラジルにとってF1だけがベストにあらず

M.S.
2014年1月21日 « 新トレーナーを迎えたベッテル | ウィリアムズ新車の初走行はボッタス »
フェラーリに別れを告げたマッサ © Ferrari
拡大

ブラジル自動車連盟(CBA)の会長は同国の若手ドライバーにとって"F1がつねに最高の選択肢"との見方を疑問視している。

CBA会長クレイトン・ピンテイロのこのコメントは、新たなブラジル人ドライバーのF1への道をもっとサポートすべきだというフェリペ・マッサやルーベンス・バリチェロといったF1ドライバーらの言葉を受けてのもの。

ブラジルのF1ドライバーの歴史は豊かで、アイルトン・セナはおそらくこのスポーツでも史上最高のドライバーだと考えられている。また、ネルソン・ピケやエマーソン・フィッティパルディがタイトルを勝ち取っており、バリチェロは最多出場記録を保持、マッサは名誉あるフェラーリドライバーとしてキャリアの多くを過ごしてきた。

しかし、そのシートは跳ね馬に復帰したキミ・ライコネンに奪われ、マッサは2014年にウィリアムズへ移籍することに。そして、ブラジル国旗を背負って今季のF1に参戦するのはマッサ一人だけとなっている。

同国人としてマッサに続くはずだったルイス・ラジアやフェリペ・ナスルといった急成長中のドライバーがF1への最後のハードルにつまずいたのがその理由だ。強力なブラジル経済を背後にしながらも、過去2年にわたって2人は高騰するレースシートに手が届かずに終わっている。

だが、ピンテイロはF1がモータースポーツのトップとして唯一無二のカテゴリーではないと主張した。

「今日のブラジルはほぼすべての世界中のカテゴリーで言及されている」と同会長は『Globo Esporte(グロボ・エスポルテ)』に語った。

「国内には強力なモータースポーツがあり、その支払は良く、ドライバーたちに彼らのスポンサーへの利益を与える。ルイス・ラジアとフェリペ・ナスルは才能が不足していたから(F1に)いないのではない。F1が常にベストの道だとは限らない」

「数名のブラジル人ドライバーがいくつかのグローバルなカテゴリーでレースしているが、残念なことにきちんと認識されていない。誰がDTMの2位だったか調べてみるといい。それがアウグスト・ファルファスだと知っているかね? あるブラジル人がインディアナポリス500で勝利し、別の(ブラジル出身)ドライバーが最終戦まで(2013年のインディカー)チャンピオンシップをかけて戦っていた」

「モータースポーツ界はF1に限られたわけではないのだ」とピンテイロは主張している。

© ESPN Sports Media Ltd.