News

  • フォーミュラE

F1経験者たちがフォーミュラEに名乗り

Me
2014年1月8日 « スーティル、"是が非でも"表彰台を | 事故をとらえていたヘルメットカメラ »
© Formula E
拡大

5人の元グランプリドライバーがフォーミュラEの新しいドライバーズクラブ加入にサインし、参戦への意欲を示した。

加入を表明したのはセバスチャン・ブエミ、カルン・チャンドック、ビタントニオ・リウッツィ、ルーカス・ディ・グラッシと佐藤琢磨で、それぞれ将来的に同シリーズのレースへの参加を希望している。フォーミュラEホールティングスのアレハンドロ・アガグCEOは、最高峰でのドライブ経験を持つドライバーたちから支持を得ることはシリーズにとって重要なステップだと述べた。

「フォーミュラEにとって非常に重要となる新年の始まりに、新しいドライバーズクラブの発足という良いニュースを発表することができ、大変喜んでいる」とアガグは述べた。「当初からわれわれは世界中のファンに素晴らしいレースを届けることを目標としてきたが、そのためにはハイレベルのドライバーが必要だ。参戦する10チームが決まり、そのドライバーが誰になるのか、皆が知りたがっている」

「もちろん、シートに座るドライバーを選ぶのは個々のチームなので、われわれがドライバーを発表することはまだできない。しかしながら、全員がこの新シリーズを支持する国際的トップドライバーの"プール"を提供することによって、世界各国の都心での白熱したエンターテイニングなレースを提供するという約束を果たせるのではないかと考えている。またこれがファン、テレビ放送局と未来のスポンサーに対するフォーミュラEの魅力を伝え、来る9月に始まるレースでのドライバーたちのレベルを示すショーケースとなることを願う」

HRTとケータハムでテストドライバーを務めたマー・チンホワと、インディカードライバーのマルコ・アンドレッティ、そしてドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)のエイドリアン・タンベイもまた支持を表明している。

© ESPN Sports Media Ltd.