News

  • F1

ドライバーたちが申し込んだ希望の固定番号

Jim
2013年12月15日 « アロンソ、シミュレーター作業を開始 | アロンソのフラストレーションに共感するモンテゼモーロ »
© Getty Images
拡大

F1ドライバーたちが希望するパーマネントナンバーを公表し始めた。

FIAは2014年から新たに、ドライバーがキャリアを通じて使用する固定番号の導入を発表。2番から99番まで使用可能だ。現役の世界チャンピオンも好みの番号を選べるが、希望に応じてナンバー1をつけることも認められている。

ドライバーたちは3つの希望番号を問われており、多くのドライバーが来シーズンに向けてどの番号を希望として提出したのか明かし始めた。

優先順位的に、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)が6番、5番、9番をチョイスしており、6番は1982年の世界タイトルを手にした父ケケのナンバーだ。セルジオ・ペレスはフォース・インディアへの移籍発表の場において11番を希望していると述べた。また、フェリペ・マッサ(来季よりウィリアムズ)は19番を選択し、ジャン-エリック・ベルヌ(トロ・ロッソ)は25番、21番、27番のいずれかで希望を出している。27番といえば、ジル・ビルヌーブがつけていたナンバーとして有名だ。

またウィリアムズのバルテリ・ボッタスは第一希望に77番、第二希望に17番、第三希望として11番を選択している。

© ESPN Sports Media Ltd.