News

イギリス、エセックス州のある男性が一般道を走れる手作りのF1マシンを製造している。

エンジニアのラス・ボスト氏はトヨタのMR2ドナーカーをベースに、イギリスの一般道を走れるF1マシンを作っている。F1の形状をしたボディワークはボスト氏自ら設計したもので、パッセンジャーシートを隠す取り外し可能なエアボックスも完備されている。

彼によると0-60マイルへの加速は理論上約3.5秒だといい、事実ならフェラーリ458に匹敵する速さだ。ウェブサイトを通じて購入可能な現在のラインアップはレッドブルとフェラーリカラーのマシンだという。

レッドブルのマシン――E-reg MR2がベース――は現在ボスト氏のデモンストレーション用として使用されているが、2万8,495ポンド(約451万円)にて購入可能とのこと。「レッドブルのカラーリングにミスター・ベッテルのナンバー1が見えるでしょう」と彼は自身のサイトに記している。「つまり、あなたがセブ(ベッテル)かレッドブルのファンなら、これでもうシールの費用500ポンド(約8万円)得したことになるんだよ!」

詳細は、彼のウェブサイトwww.furorecars.co.uk(英語)で見ることが可能。

© ESPN Sports Media Ltd.