News

  • FIA

セクシー女優がGTチームの代表に

Me
2013年8月13日 « ペレスの自己評価は10点中6点 | スーティルにプランBは存在せず »
チーム代表に任命されたパメラ・アンダーソン © Press Association
拡大
関連リンク

アメリカの人気ドラマ、"ベイウォッチ"の出演者であるパメラ・アンダーソンがFIA GTチームの代表に任命された。チーム名を"レースアライアンス・バイ・パメラ・アンダーソン"という。

チームは元F1ドライバーのビタントニオ・リウッツィと、ニキ・ラウダの息子、マティアス・ラウダをドライバーに据え、フェラーリ458イタリアで今年のFIA GT選手権のラスト3戦を戦う。彼女は昨年もアストン・マーティンで"ダウンフォース1・バイ・パメラ・アンダーソン"という名前を使ってヨーロピアン・ル・マンシリーズにエントリーしようとしたが、失敗。今回の冒険はうまくいくことを願っているという。

『Autosport.com』によると、チームはNASCAR参戦も視野に入れており、スポークスマンは同サイトに対し、テレビスターの名前を利用することについて懸念はないと語ったという。

「われわれはレースアライアンスという名前を広く認識してもらいたいと考えており、考えられる限り最高のドライバーを探した」とスポークスマンは述べた。「来年のFIA GTシリーズにフル参戦し、ニュルブルクリンク24時間にも出る計画だ。その後はNASCAR進出も考えている」

© ESPN Sports Media Ltd.