News

  • トヨタ

さまざまな活動を提供するTMG

Kay Tanaka
2010年3月22日 « チームの成長に集中するブルーノ | 「メルボルンはR30に合っている」と語るクビサ »

F1活動を終えたトヨタだが、今後もわずかながらF1に関連して活動していく模様だ。

F1参戦を断念したUSF1の代替チームとして参戦を狙っていたステファンGPは、トヨタが設計した2010年型マシンを購入したのだが、国際自動車連盟(FIA)によって参戦が認められなかった。バーレーンGP参加を狙って現地に送付した機材は、そのまま日本へと輸送されたと報じられている。

しかしトヨタは先週、ドイツ・ケルンにある元F1ファクトリーが「新しい時代」に突入したと発表。200名のスタッフが「外部のクライアント」のためにファクトリーで作業を行っており、「レーザー設計された14のサーキット」を反映したドライビングシミュレーターやCFD(計算流体力学)、2つの風洞実験施設、製造機械やテストリグを提供することができるという。「2010年以降、われわれのさまざまなクライアントの挑戦が与えてくれる事柄に興奮しています」と語るのはTMG(トヨタ・モータースポーツGmbH)副社長の木下美明氏だ。

BMWザウバーに所属している小林可夢偉は昨年までトヨタでリザーブドライバーを務めていたが、今週末のオーストラリアGPに向けて最近、トヨタのシミュレーターを用いてアルバート・パーク・サーキットを学習したと語っている。

© ESPN Sports Media Ltd.