News

  • 2011年シーズン

FIA、13番目のF1チーム募集開始

Me
2010年3月20日 « マクラーレン、メルボルンでアップグレード | FIA、ディフューザー問題の"穴"をふさぐ »
13番目のF1チームを選ぶプロセスがスタートした © Sutton Images
拡大

FIAは、2011年のF1選手権に加わる13番目のチームの選考手続きを開始した。

今シーズン、USF1がグリッドに並ぶはずであったが、初戦前の数カ月で計画は破綻。FIAは、その補充要員を募集するにあたり、希望者に参戦の能力と計画の概要を示すように求めている。また、今回はさらなる脱落チームが出た場合に備え、リザーブチームも選ぶことになるという。ただし、それには2011年と2012年の選手権参戦が可能という継続的な証明が必要になる。

次のような声明が発表されている。「FIAは、F1世界選手権2011年シーズン開始時に、生じた空席を埋める候補者の新たな選定プロセスを始めることにした。どの候補が選ばれるかは、選手権の長期的利益を考慮した上で決定される」

申込希望者は2010年4月15日(木)までその意思を表明し、管理手数料として1,000ユーロ(約12万円)を支払わねばならない。申込の遅延はFIAの判断によって決定される。また、重要事項としてすべての候補は、以下の点を重視した"適正評価"を受けねばならない。チームの技術的能力とリソース力。参戦に必要な資金を集め、維持していく能力。チームの十分な経験と人材。候補が全体として選手権に価値をもたらすとFIAが評価すること。

合格者は今年7月までに発表される。

© ESPN Sports Media Ltd.