News

  • アメリカGP

アメリカGP復帰のうわさを鎮めるインディアナポリス

M.S.
2010年3月16日 « モズレーの責任を指摘するクルサード | レッドブルには「支配する力がある」とホーナー »

インディアナポリス・モーター・スピードウェイのあるスポークスマンがアメリカGP復活の可能性を示唆していたが、別のスポークスマンがインディアナポリスでのグランプリ復帰に向けた具体的な話し合いはないと語った。

バーニー・エクレストンがバーレーンにてインディアナポリスでのグランプリ再開もあり得ると語ったのに続き、同サーキットのスポークスマンによる「われわれはF1との話し合いを続けており、彼らのイベントを開催することに興味を持っていると長きにわたって主張している」との発言が『Indianapolis Business Journal(インディアナポリス・ビジネス・ジャーナル)』に掲載されていた。

しかし、この人物は2011年の開催は「厳しいだろう」とも話しており、さらに今回別のスポークスマンが『Indy Star(インディ・スター)』紙に対し、特別な話し合いは現段階で行われていないことを明らかにしている。

「交渉という意味では、今のところ何も起っていない」とインディアナポリスのスポークスマンの一人であるエリック・パウエルは話した。

同氏によればF1関係者との「話し合い」は最後にアメリカGPが開催された2007年から続いていると言う。

「インディアナポリスでぜひともF1を開催したい。われわれは、こここそがアメリカでのF1開催にとってベストの場所だと思っている」

© ESPN Sports Media Ltd.