News

2010年に参戦する試みが失敗に終わったUSF1から2人のエンジニアを雇ったある企業が、同チームはまだF1でレースをすることを望んでいると明かした。

サウスカロライナ州を拠点とする『Composite Resources(コンポジット・リソーシーズ)』によれば、USF1は「一時的に活動を停止しているものの、2011年にマシンを送り出す希望をもっている」という。ただし、この言葉が何に基づくものかは不明である。

この週末には、FIA会長であるジャン・トッドが会見にて「USF1が参戦できなかったのは間違いなく失望させることだった」と話していた。

「世界評議会から再考するように要請されているため、どうなるかはこれからだ。私が非常に失望していると言うのは、彼らがとても熱心に取り組み、たくさんの努力をしていたのを知っているからだ」

「周知の通り、(レースディレクターの)チャーリー・ホワイティングが出向いて、いくつかの施設や製作中のマシンを見てきた。残念ながら、開幕戦に2台のマシンを並べるには十分ではなかった」

FIAは金銭上のペナルティーをUSF1に科すか否かの判断を保留しているが、チームの野心が真剣なものでなければそれも意味のない動きとなりそうだ。

© ESPN Sports Media Ltd.