News

  • ルノー

目立たぬ成功に不満のルノー

Me
2013年3月8日 « MP4-28のポテンシャルを信じるバトン | マクラーレン、仕上がりは"まずまず" »
今年はインフィニティがレッドブルのタイトルスポンサーに © Getty Images
拡大

F1で世界一になった成果があまり注目されていないことについて"不満"を感じているとルノーが認めた。

コンストラクターとしてはF1から撤退したフランス・エンジンメーカーのルノーは、過去3シーズンにわたりタイトルを獲得したレッドブルの成功に欠かせない役割を果たした。

だがカルロス・タバレスCOOはこう述べた。「フェラーリやメルセデスを倒したというのに、認知度が低いことに不満を感じている」

「もう少し良い扱いを受けてもいいのではというのが正直な気持ちだよ」と彼は『autocar.co.uk』にコメントした。

「もう少しわれわれの仕事ぶりをアピールしていく必要があるのは明らかだ」

2013年、ルノーと提携する自動車メーカー日産の高級車ブランド、インフィニティがレッドブルのタイトルスポンサーを務めることになった。

ルノーはロータス、ウィリアムズとケータハムにもエンジンを供給している。

© ESPN Sports Media Ltd.