レース
  順位 ドライバー チーム 周回数 ピット
1 ハミルトン GBR メルセデス 78 1
2 ベッテル GER 78 1
3 ボッタス FIN メルセデス 78 2
4 フェルスタッペン NED 78 1
5 ガスリー FL FRA 78 2
6 サインツ ESP 78 1
7 クビアト RUS 78 1
9 リカルド AUS ルノー 78 1
10 グロージャン FRA 78 1
12 マグヌッセン DEN 77 1
13 ペレス MEX 77 1
14 ヒュルケンベルグ GER ルノー 77 1
15 ラッセル GBR 77 1
16 ストロール CAN 77 1
17 ライコネン FIN 77 1
18 クビサ POL 77 1
19 ジョビナッツィ ITA 76 1
リタイア
ルクレール MON 16 3

30秒ごとに更新されます |

伝統のモナコGPを戦い終えたF1サーカスはこの後、ヨーロッパを離れて北米大陸へと移動します。舞台はカナダ・モントリオール、シーズン第7戦カナダGPは、6月7日(金)に開幕することになっており、初回セッションとなる金曜フリー走行1回目は日本時間23時にスタート予定です。それではまた次回カナダGPでお会いしましょう!

78周目

さぁファイナルラップに入りました。先ほどのハミルトンとフェルスタッペンの接触については審議対象となりました。

最終コーナーを立ち上がり、ハミルトンがトップチェッカーを受けました!ニキ・ラウダに捧げるポール・トゥ・ウィン、ハミルトン自身モナコでは初となります。2番手でチェッカーを受けたのはフェルスタッペンです。3番手にベッテル、4番手にはボッタスでメルセデスの6戦連続1-2フィニッシュはなりませんでした。5番手にはガスリーでファステストラップポイントも獲得、6番手サインツ、7番手クビアト、8番手アルボン、9番手グロージャン、10番手リカルドのトップ10となりました。11位以下完走はノリス、マグヌッセン、ペレス、ヒュルケンベルグ、ラッセル、ストロール、ライコネン、クビサ、ジョビナッツィの順となりました。

77周目

ポジションは変わらずハミルトンがトップで走行。

76周目

トンネル出口でフェルスタッペンがブレーキング勝負を仕掛けるもハミルトンをかわせず!軽い接触があったようですがどちらも大丈夫なようです。

75周目

ハミルトンまだ粘る、フェルスタッペンを前には行かせません。

74周目

残り5周、どういった結末になるのかチェッカーを受けるまで分かりません。

全コメントを読む: レース 予選 フリー走行3 フリー走行2 フリー走行1
 
  • 必死にペースを見いだすキミ・ライコネン(モナコGP/モンテカルロ、2019年5月26日) マシンの力を引き出そうと努めるケビン・マグヌッセン(モナコGP/モンテカルロ、2019年5月26日) ドライビングに集中するアントニオ・ジョビナッツィ(モナコGP/モンテカルロ、2019年5月26日) エイペックスを突くマックス・フェルスタッペン(モナコGP/モンテカルロ、2019年5月26日)
  • スピードに乗るロバート・クビサ(モナコGP/モンテカルロ、2019年5月26日) 必死にペースを見いだすジョージ・ラッセル(モナコGP/モンテカルロ、2019年5月26日) 徐々にスピードに乗るアレクサンダー・アルボン(モナコGP/モンテカルロ、2019年5月26日) ペースを上げて前を追うニコ・ヒュルケンベルグ(モナコGP/モンテカルロ、2019年5月26日)
  • 順位を上げようと必死にプッシュするロマン・グロージャン(モナコGP/モンテカルロ、2019年5月26日) 懸命にパフォーマンスを引き出すセルジオ・ペレス(モナコGP/モンテカルロ、2019年5月26日) ヘアピンコーナーを駆け抜けるセバスチャン・ベッテル(モナコGP/モンテカルロ、2019年5月26日) ステアリングを切るルイス・ハミルトン(モナコGP/モンテカルロ、2019年5月26日)