アゼルバイジャンGP 2019

/ Commentary

フリー走行2

2019年F1世界選手権第4戦アゼルバイジャンGP金曜フリー走行2回目のセッションはこの後、日本時間22時にスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2019年F1世界選手権第4戦アゼルバイジャンGP金曜フリー走行2回目の模様をお届けいたします。バクー市街地サーキットが舞台の今週末、先ほど実施された初回セッションはわずか30分足らずで終了を迎える事態となってしまいました。

開始早々にフェラーリ勢がプログラムをスタートさせた後、ウィリアムズのジョージ・ラッセルがコースに合流したところ、ドレインカバーの上を通過した瞬間にカバーが外れてマシンにぶつかり、ラッセルのマシンはダメージを受けて停車を余儀なくされました。

コース上にはデブリが散らばり、マーシャルの手によってマシン撤去と清掃作業は完了したものの、コース上にあるすべてのドレインカバーの状態を確認する必要が出てきたため、セッションはそのまま終了。

その後、バクー市街地サーキットの路面確認が行われ、安全性に問題がないと判断されたことから、2回目のフリー走行は予定通り実施されることになりました。

ただ、ラッセルはマシンダメージの影響でこのセッションには参加しないことが決まっています。ウィリアムズによると「ジョージのマシンは緩んだドレインカバーによって引き起こされたダメージのため、シャシー交換が必要となる。レギュレーションに従い、明日のFP3まで走行することができない」とのことです。

青空が広がるバクーの気温は17度、路面温度34度、湿度58%のドライコンディション。まもなくセッションが始まります。

ピットレーンがオープンしました。

FP1で走ることのできなかったメルセデスのバルテリ・ボッタス、ルイス・ハミルトンからコースに入っていきました。

ランス・ストロール、キミ・ライコネン、アントニオ・ジョビナッツィ、ランド・ノリスとその他のドライバーも続々とコースに向かいます。

ボッタスがオーバーランしたようですが、すぐにコースへ復帰。

FP1でプログラムが進められらなかった分、そのままタイムアタックに入るマシンが多く見られます。

セバスチャン・ベッテルとマックス・フェルスタッペンはまだコースには出ていません。

ライコネンが1分47秒652で現在のトップタイム。

アレクサンダー・アルボンは1分48秒台からのスタート。

18台がコース上、各マシンがプログラムに励みます。

フェラーリのシャルル・ルクレールが1分46秒144でトップタイムを更新。

トロ・ロッソのダニール・クビアトは1周走った後にピットへ戻って現在もガレージで作業中のようです。

ハミルトンが1分46秒110、ルクレールのタイムを0.034秒上回ってきました。

おっと今度はハミルトンがオーバーランしましたが、無事にコースへ戻ります。

ウィリアムズのロバート・クビサはラッセルが走れない分、このセッションでのデータ収集を一人で務めることになります。

レーシング・ポイントはセルジオ・ペレスが1分47秒817で9番手、ストロールも1分47秒台の11番手です。

セバスチャン・ベッテルは1分45秒847で3番手で走行を続けていますが、少しコーナー出口でウォールにタイヤをこすっていたようです。

ランス・ストロールがオーバーランしてウォールに接触、ランオフエリアにマシンを止めて赤旗です。

ストロールは大丈夫なようですが、少しコース上にパーツが飛び散っているようです。

このセッションでも赤旗によってセッション中断、残り時間でのプログラムにも各チーム影響が出そうです。

マシンの撤去作業が続いているため、まだセッション再開とはなっていません。

現在のトップタイムはフェラーリのルクレールで1分44秒748、2番手ハミルトンと3番手のベッテルが1分45秒台。

ストロールのマシンはピットに戻っていますが、まだウォールの修復作業が続いているためセッション再開にはもう少し時間がかかりそうです。

各マシンはガレージに戻ってこの後のプログラムに向けて備えます。

コース上にマシンはなく静かな時間が流れます。

セッション再開は22:25とのことです。

まもなくセッションが再開されます。

セッションが再開されました。

クビサがコースに出ていきます。

接触のあったストロールですが、このセッションでの走行はしないとのことです。

フェラーリ、メルセデス勢はソフトタイヤに履き替えてタイム計測に入っていきます。

レッドブルのマックス・フェルスタッペンはミディアムタイヤでのプログラムを続けます。

セッション開始から30分が経過しました。

ルクレールはソフトタイヤで1分43秒598のタイムを記録。

メルセデスのボッタスは1分44秒329、ハミルトンは1分44秒435でした。

ベッテルがメルセデス勢のタイムを上回って1分44秒260、トップタイムを出しているチームメイトのルクレールからは0.662秒差。

ピエール・ガスリーもソフトタイヤで1分44秒台に入って5番手タイム。

ジョビナッツィは1分45秒366で現在7番手、8番手にはルノーのダニエル・リカルド。

ハースF1のケビン・マグヌッセンは10番手、ロマン・グロージャンは14番手となっています。

ベッテルがトップタイムを更新、1分43秒196をマーク。

マクラーレンのカルロス・サインツはミディアムタイヤで1分46秒台の14番手。

今度はルクレールがトップタイムを出してきました、1分42秒872。フェラーリの2台が交互に最速タイムを更新しています。

セルジオ・ペレスは1分45秒436で現在10番手。

アルボンは1分44秒559でフェラーリ、メルセデスに続く5番手につけています。

現在のトップタイムはここまで唯一1分42秒台を記録しているルクレール。2番手ベッテルと3番手ハミルトンは1分43秒台、ボッタスは1分44秒003で4番手となっています。

ライコネンは11番手でソフトタイヤでのプログラムを進めています。

徐々に一旦ピットへ戻るマシンが増えてきました。

セッション残り時間が45分を切りました。

ガスリーが止まり切れずにエスケープゾーンに入ってイエローフラッグ。

ガスリーはマシンを反転させてコースに戻ります。

今度はリカルドがタイヤをロックさせてエスケープゾーンへ。

リカルドも無事にコースに復帰しました。

セッション序盤に1周を走った後長らくガレージでの作業が続いていたクビアトもコースに出て走行を始めています。

現在コース上は6台のマシンが走行を続けています。

サインツは1分44秒183で5番手まで上がっています。

フェルスタッペンはソフトタイヤに履き替えてタイムアタックへ。

ニコ・ヒュルケンベルグはここまで1分46秒台の17番手とあまりタイムは伸びていません。

フェルスタッペンはソフトタイヤで1分43秒793を記録して4番手タイム。

マクラーレンのランド・ノリスは1分44秒737で10番手まで上がります。

クビアトは1分44秒204で7番手、8番手にはチームメイトのアルボンが続きます。

ここまでのタイムシート上位はトップタイムがルクレール、2番手にベッテル、3番手はハミルトンで、フェルスタッペン、ボッタス、の順となっています。

トップタイムのルクレールと5番手のボッタスは1秒以上のギャップがあります。

セッション残り時間が30分を切りました。

この時間帯はロングランプログラムを進めるマシンが多い状況です。

フェラーリはルクレールがソフト、ベッテルがミディアムタイヤでロングランプログラムに励んでいます。

メルセデスはハミルトン、ボッタスともにソフトタイヤでのロングラン。

トロ・ロッソのクビアトがコース上に停車、どうやらクラッシュしたようでイエローフラッグが出ました。

このセッション2回目の赤旗に変わります。

クビアトは無事なようですが、マシンの左フロントのサスペンションは壊れてしまっています。そしてホイール付近から火も見えましたが現在は消化されています。

クビアトはセッション序盤にステアリングのトラブルであまり走行できていなかった中でのクラッシュ、恐らくセッション中のコース復帰は厳しいかもしれません。

クビアトのマシン撤去作業が続いており、現在も赤旗中断となっています。

FP1もほとんど各チームが走り込めていない状況で2回目のセッションでも2度の赤旗中断、各チームのプログラムにも大きな影響がありそうです。

市街地コースのためマシンの撤去にも時間を要しています。

セッションが再開されました。

セッション残り時間が20分を切って、各チームここからどういったプログラムを進めていくのでしょうか。

ピットレーン出口で待機していたマシンがコースに入っていきます。

リカルドは赤旗中断前にガレージ内でマシンから降りていましたが、現在もコースには出ていません。

フェルスタッペンもガレージにとどまったままです。

タイム上位勢は中断前に進めていたロングランプログラムを再開。

フェルスタッペンがここでコースイン。

コース上は16台のマシンがプログラムに励んでいます。

レーシング・ポイントのペレス、アルファロメオ・レーシングのライコネンはミディアムタイヤでのロングランプログラム。

セッション残り時間が10分を切りました。

マクラーレンのサインツとノリスはソフトタイヤのプログラムを続けています。

ジョビナッツィがコースを遮るような形で停車してしまいイエローフラッグが出ました。

ジョビナッツィは走行を再開、イエローフラッグも解除されました。

セッション序盤の赤旗の原因になってしまったストロールはメカニックの懸命な作業でマシンに乗りこむところまできていますが、残り時間約5分でなんとかコースに復帰できるでしょうか。

セッション残り時間が5分を切りました。

各マシンが限られた時間の中でセッション終了までプログラムに励みます。

リカルドはどうやらコース復帰せずにこのセッションを終えそうです。

グロージャンとガスリーが同じ場所でエスケープゾーンに入ってしまいましたが、接触はなくコースに戻ります。

まもなくセッション終了時刻となります。

チェッカーが振られてセッション終了です。

2度の赤旗中断で慌ただしく各マシンがプログラムに励んだ金曜フリー走行2回目、最速タイムはフェラーリのルクレールで1分42秒872でした。2番手には0.324秒差で同じくフェラーリのベッテル、3番手にはハミルトンが入りました。4番手にはフェルスタッペン、5番手がボッタス。以下クビアト、サインツ、アルボン、ガスリー、ノリスまでがトップ10ということになりました。

土曜フリー走行は27日(土)日本時間19時に開始されます。それではまた明日お会いしましょう!