レース
  順位 ドライバー チーム 周回数 ピット
1 ハミルトン GBR メルセデス 57 2
2 ボッタス FIN メルセデス 57 2
3 ルクレール FL MON 57 2
4 フェルスタッペン NED 57 2
5 ベッテル GER 57 3
7 ライコネン FIN 57 2
8 ガスリー FRA 57 2
10 ペレス MEX 57 2
11 ジョビナッツィ ITA 57 2
12 クビアト RUS 56 2
13 マグヌッセン DEN 56 2
14 ストロール CAN 56 2
15 ラッセル GBR 56 2
16 クビサ POL 55 2
リタイア
サインツ ESP 53 4
リカルド AUS ルノー 53 1
ヒュルケンベルグ GER ルノー 53 2
グロージャン FRA 16 2

30秒ごとに更新されます |

熱戦のバーレーンGPが終了し、次にF1サーカスが集結するのは中国・上海です。上海インターナショナル・サーキットが舞台のシーズン第3戦中国GPは4月12日(金)に開幕。初回セッションとなる金曜フリー走行1回目のセッションは日本時間11時にスタート予定です。それではまた次回、中国GPでお会いしましょう!

57周目

セーフティカー先導のままファイナルラップに入りました。

どうやらこのまま順位変動なくレースを終えそうです。

ハミルトンがトップチェッカーを受けました!ボッタスが2位、3位にはルクレールが入って表彰台を確保。4位にはフェルスタッペン、ベッテルは5位でレースを終えます。 6位はノリス、ライコネン、ガスリー、アルボン、ペレスががポイントを獲得。 11位以下、完走はジョビナッツィ、クビアト、マグヌッセン、ストロール、ラッセル、クビサでした。

56周目

マシンの撤去作業が続き、セーフティカー先導が続いています。

55周目

おぉっとヒュルケンベルグとリカルドがコース脇にマシンを止めてイエローフラッグが出ました。ルノー勢は2台同時にストップです。

2台ともポイント圏内を走っていましたが、まさかの展開です。

セーフティカーが出ます。

54周目

ボッタスDRS圏内に入って一気にルクレールをかわしていきます。

ルクレールの後ろにはフェルスタッペンも近づいてきました。

53周目

さぁボッタスがルクレールの3秒後ろまできました。

全コメントを読む: レース 予選 フリー走行3 フリー走行2 フリー走行1
 
  • ペースを上げて前を追うルイス・ハミルトン(バーレーンGP/サヒール、2019年3月31日) 後方とのギャップを広げようとプッシュするシャルル・ルクレール(バーレーンGP/サヒール、2019年3月31日) 必死にペースを見いだすケビン・マグヌッセン(バーレーンGP/サヒール、2019年3月31日) 順位を上げようと必死にプッシュするキミ・ライコネン(バーレーンGP/サヒール、2019年3月31日)
  • ドライビングに集中するロバート・クビサ(バーレーンGP/サヒール、2019年3月31日) マシンの力を引き出そうと努めるピエール・ガスリー(バーレーンGP/サヒール、2019年3月31日) ペースを上げて前を追うカルロス・サインツ(バーレーンGP/サヒール、2019年3月31日) コーナーにアプローチするダニール・クビアト(バーレーンGP/サヒール、2019年3月31日)
  • 必死にペースアップを図るバルテリ・ボッタス(バーレーンGP/サヒール、2019年3月31日) 順位を上げようと必死にプッシュするセバスチャン・ベッテル(バーレーンGP/サヒール、2019年3月31日) タイヤをロックアップさせるランド・ノリス(バーレーンGP/サヒール、2019年3月31日) 徐々にスピードに乗るアレクサンダー・アルボン(バーレーンGP/サヒール、2019年3月31日)