オーストラリアGP 2019

/ Commentary

フリー走行3

2019年F1世界選手権第1戦オーストラリアGP土曜フリー走行のセッションはこの後、日本時間12時にスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2019年F1世界選手権第1戦オーストラリアGP土曜フリー走行の模様をお届けいたします。2回のフリー走行が実施された初日は両セッションともメルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録し、後半のフリー走行では1分22秒600をマークしました。

0.048秒差で相棒のバルテリ・ボッタスが2番手に続き、メルセデス勢は3番手以降のライバルに0.8秒のりードを築いています。

3番手に食い込んだのは今年からHondaをエンジンパートナーに迎えたレッドブルのマックス・フェルスタッペン。トロ・ロッソからレッドブルに昇格して初めてのグランプリに挑むピエール・ガスリーが4番手に並んでいます。

フェラーリのセバスチャン・ベッテルが5番手に入り、6番手にはアルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンがつけました。

グランプリ2日目を迎えたメルボルンの天候は晴れ。気温22度、路面温度43度、湿度61%のドライコンディション。まもなくセッションが始まります。

予選前最後のフリー走行がスタートしました。

まずはレッドブルのマックス・フェルスタッペン、アルファロメオのキミ・ライコネンがコースに出ていきました。続いてハースF1のケビン・マグヌッセン、トロ・ロッソのアレクサンダー・アルボンとなっています。

マクラーレンのカルロス・サインツ、トロ・ロッソのダニール・クビアト、続々とその他のコースに向かいます・

フェルスタッペン、ライコネン、マグヌッセンはインストレーションラップで1周を走ってピットへ。

ランド・ノリス、ロバート・クビサ、ジョージ・ラッセルがコースに出てマシンのチェックをしています。

昨日トップタイムを記録したメルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスはまだコースには向かわず。

ウィリアムズのクビサ、ラッセルはインストレーションラップからそのままラップ計測に入っています。

ピエール・ガスリーがここでコースイン。

クビサは現在1分29秒310を記録、チームメイトのラッセルは1分30秒332のタイム。

システムチェックを終えて一旦ガレージへ戻っていたフェルスタッペンがコースへ。ガスリーは今日最初のタイム計測をして1分26秒159。

フェルスタッペンがアウトラップからタイム測定に。セクター1は全体ベストで通過。

フェルスタッペンは1分25秒106をマーク。ガスリーのタイムを1秒以上更新しました。

ノリスとクビサですが、ガレージを出発する際にインシデントがあったとのことで審議対象となっています。

ここでルノーのダニエル・リカルドがコースへ出ていきました。

フェラーリ、メルセデス、レーシング・ポイント勢はまだ動きがありません。

ハミルトンはこれからガレージに入って準備を開始するようです。

現在コース上はフェルスタッペンとガスリー、リカルド、サインツが走行しています。

フェルスタッペンは自己ベストを更新して1分24秒944をマーク。

リカルドは1分25秒216のタイム。トロ・ロッソの2台も現在アウトラップ中です。

ここまで8台のマシンがタイムを残し、最速はフェルスタッペンとなっています。

開始から20分経ってセルジオ・ペレスがコースに出てきました。

トロ・ロッソのクビアトが1分24秒860で現在トップタイム、アルボンは1分25秒098で3番手タイムを出しています。

ランス・ストロール、シャルル・ルクレール、セバスチャン・ベッテル、バルテリ・ボッタスも走行を開始。残すはハミルトンのみとなりました。

ロマン・グロージャン、1分24秒869で2番手タイムをマーク。ケビン・マグヌッセンが1分24秒884で3番手。ハースF1の2台がほぼ同タイム。

今日初めてのタイムを出したセバスチャン・ベッテルは1分23秒739でいきなりトップタイム。ボッタスは0.114秒差の2番手タイムです。

フェラーリのルクレールは1分24秒564で3番手タイム。

ハミルトンはこれからタイム計測に入ります。

コース上17台が走行中。

ハミルトンはベッテルのタイムを0.04秒上回る1分23秒699を記録。

レッドブルのガスリーですが、ここまで1分26秒台でまだ18番手タイム。現在はピットに戻っています。

セッション開始から30分が経過しました。

予選前に走れる時間も少なくなってきましたが、各チームここからどこまで仕上げていけるでしょうか。

アルファロメオですが、6番手のライコネンと17番手のアントニオ・ジョビナッツィは0.6秒以上の差がついたタイムとなっています。

レーシング・ポイントのペレス、ランス・ストロールは1分25秒台。

このセッションはここまで大きなトラブルなく各マシンが走行を続けています。

ボッタスがタイムを更新、1分23秒684でトップタイム。すかさずハミルトンが1分23秒360でボッタスのタイムを抜きます。

クビサですがピットレーン入り口でマシンをぶつけてしまい、デブリが落ちている状態となっています。

残り20分を前にしてピットへ戻るマシンが増えてきました。

コース上はライコネン、リカルド、サインツ、ガスリーの4台が走行しています。

ガスリーはミディアムタイヤで自己ベストを更新して1分24秒888で12番手まで上がってきました。

ここまでの上位タイムはハミルトン、ボッタス、ベッテル、ルクレール、グロージャンの順となっています。

走行を続けているサインツは1分25秒285で16番手タイム。

クビアトがガレージを出てコースに向かいます。

ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは1分24秒870で10番手。チームメイトのリカルドは今1分24秒472を出して5番手まできました。

フェラーリのベッテルはソフトタイヤを履いてタイム計測に入ります。

昨日のセッションではあまりタイムが出ていなかったレーシング・ポイントのペレスも1分24秒802で9番手まで上げてきています。

マクラーレンのノリスが自己ベスト、1分24秒568を記録し6番手になります。

メルセデス勢もここで2台ともコースへ。その間にベッテルが1分22秒556でトップタイムを更新してきました。

ベッテルのタイムに対してメルセデス勢がどこまでタイムを縮めてくるのか。

グロージャンも自己ベスト、1分23秒112で2番手にきました。マグヌッセンも3番手に上がります。

ルクレールは1分22秒749で3番手、そしてハミルトンが1分22秒292でベッテルのタイムを上回ります。

ヒュルケンベルグは1分23秒737で7番手へ。

レッドブルが残り時間10分を切ったところでコースへ出ました。はたしてどこまでタイムを伸ばせるのか。

ライコネンもタイムアタックに入り、セクター1、2を自己ベストで通過。

ライコネンはセクター3でトラフィックに引っかかってしまいましたが、1分24秒402で9番手。

セッション残り時間が5分を切りました。

レッドブルはガスリーが1分23秒367で6番手へ、フェルスタッペンは少しミスがあり1分23秒481で9番手。

クビサは自己ベストを更新して1分26秒589、ラッセルは1分25秒944でした。

ハースF1の2台はすでにピットへ戻っています。

スタート練習のためピットレーン出口にマシンが連なっています。

チェッカーが振られてセッション終了です。

予選前最後のセッションが終了しました!トップタイムは昨日の2回のセッションに続いてメルセデスのルイス・ハミルトンでした。2番手には0.264秒差でフェラーリのセバスチャン・ベッテルで3番手がシャルル・ルクレール。ハースF1のロマン・グロージャン、ケビン・マグヌッセンが続き、以下ピエール・ガスリー、バルテリ・ボッタス、ダニール・クビアト、マックス・フェルスタッペン、ダニエル・リカルドまでがトップ10になります。

予選はこの後、日本時間15時に開始されます。それではまた後ほどお会いしましょう!