オーストラリアGP 2019

/ Commentary

フリー走行1

2019年F1世界選手権第1戦オーストラリアGP金曜フリー走行1回目のセッションはこの後、日本時間10時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2019年F1世界選手権第1戦オーストラリアGP金曜フリー走行1回目の模様をお届けいたします。

待ちに待ったF1シーズンの幕開け! F1ファンの皆さま、お久しぶりです! 今年も開幕戦はオーストラリアのメルボルンにあるアルバートパーク・サーキットが舞台。

2018年シーズンはフェラーリの躍進が光るも、最終的にはメルセデスが王者の貫禄でチャンピオンシップを制覇し、コンストラクターズ選手権5連覇を成し遂げると共に、ルイス・ハミルトンが通算5度目となるチャンピオンの称号を手に入れています。

テストはあくまでもテスト、ではありますが、プレシーズンに実施された2回のテストではフェラーリが安定した速さを示しており、頂点に返り咲くべく順調な仕上がりを見せていました。

一方のメルセデスはテストでは恒例となったロングラン中心のプログラムに専念しながらも、パフォーマンスの作業に切り替えた途端にスピードに乗って好タイムを記録しています。

また、新たにHondaをエンジンパートナーに迎えたレッドブルがメルセデスとフェラーリの2トップに迫ることができるのか、トップ3としてのポジションを維持できるのか、さまざまな意味で大きな注目を集めています。

メルセデスは今年もハミルトンとバルテリ・ボッタスが続投し、フェラーリはセバスチャン・ベッテルの相棒にシャルル・ルクレールを迎え、レッドブルはマックス・フェルスタッペンとトロ・ロッソから昇格したピエール・ガスリーがコンビを組みます。

その他、ダニエル・リカルドが加わったルノー、キミ・ライコネンを迎えたアルファロメオ・レーシング、Hondaと2年目のシーズンに挑むトロ・ロッソ、チーム名を改めて心機一転を図るレーシング・ポイント、一時はF1復帰絶望とも言われたロバート・クビサがついにレース復帰を果たすウィリアムズ、ドライバーラインアップ継続でさらなる躍進を目指すハースF1、カルロス・サインツとランド・ノリスを起用するマクラーレン、と、どのチームからも目が離せないシーズンとなりそうです。

さて、2019年シーズン開幕を目前に、悲しい知らせがF1サーカスにもたらされました。FIAレースディレクターとして手腕を振るったチャーリー・ホワイティングが肺塞栓(そくせん)のため66歳でこの世をさりました。40年以上にわたってF1で活躍し、うち22シーズンでレースディレクターを務めたホワイティングは、F1の安全性や技術面に関する問題を管理しながら、グランプリ週末中は全てのコースアクティビティを監督してきました。

新たなシーズンが始まろうというタイミングでの悲報に、関係者はもちろんのこと、F1ファンも大きな悲しみに包まれています。

チャーリー・ホワイティング氏ご逝去の報に接し、ホワイティング氏、そしてご家族ご友人の皆さまに謹んで哀悼の意を表します。 R.I.P. 合掌

きっと、姿は見えずともこれまで通り、優しく厳しく見守ってくれているであろうホワイティング氏に思いを馳せつつ、まもなく今年最初のフリー走行の開始時刻を迎えます。

雲は散見されるも青空のメルボルンは気温20度、路面温度33度、湿度49%のコンディションです。

セッションが始まりました。

最初にコースに向かったのは最年長ドライバー、アロファロメオのキミ・ライコネン。

マクラーレンのカルロス・サインツとランド・ノリス、フェラーリのセバスチャン・ベッテル、ウィリアムズのロバート・クビサもコースに出ています。

さらに続々と各車がコースイン。メルセデスのルイス・ハミルトンもガレージを出ています。

まずは各車1周のインストレーションラップを終えてピットへ戻ります。

レッドブルのピエール・ガスリー、レーシングポイントのセルジオ・ペレス、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグとダニエル・リカルドもインストレーションラップ中。

ハースF1のロマン・グロージャンはまだコースへ出ていません。チームメイトのケビン・マグヌッセンは1周を走り、現在はガレージに戻っています。

リカルドはコースにとどまり2周目に入っています。

インストレーションラップを終えたアロファロメオのアントニオ・ジョビナッツィもピットへ。リカルドも続けてピットへ戻りました。

現在コース上は無人の状態になっています。

セッション開始から10分が経ち、今の時間帯は各チームガレージにてマシンの調整をしています。

さぁ、次にコースへ出てくるのはどのチームか。

今シーズンレースドライバーとして復帰したクビサは一旦マシンから降りています。

メルセデスのバルテリ・ボッタスはヘルメットをかぶったままコックピットにて待機中。

メルセデスのガレージには昨年までフォースインディアのドライバーを務めていたエステバン・オコンの姿も見られます。

ここまでタイムを計測したチームはありません。

ガレージにて各チームマシンのセットアップに作業に励んでいます。

ここでメルセデスのガレージに動きが。ボッタスがコースへと向かいます。

チームメイトのハミルトンはガレージにとどまり、その他のチームにもまだ動きはありません。

マクラーレンのノリス、ウィリアムズのジョージ・ラッセルと新人ドライバーがコースへ。

グロージャンもここで走行を始めました。そしてボッタスはタイムアタックに入っています。

今シーズン最初のタイム計測はメルセデスのボッタスで1分26秒454というタイムでした。

トロ・ロッソの新人ドライバー、アレクサンダー・アルボンもコースに合流。

マクラーレンのノリスは1分33秒751、チームメイトのサインツは1分29秒069でした。

ウィリアムズのラッセルは1分34秒台から入ります。クビサは1分30秒334をマーク。

プレシーズンテストで速さを見せていたフェラーリ勢もタイム計測に入っています。

ハースF1のケビン・マグヌッセンは1分27秒036を記録。

現在17台がコース上を走行しており、賑やかになってきました。

フェラーリのベッテルは1分27秒台、シャルル・ルクレールは1分28秒台から入っています。

ルノーの2台とハースF1のグロージャンはインストレーションラップを終えて以降まだコースには出ていません。

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは1分24秒973で現在2番手タイム。

トロ・ロッソに復帰したダニール・クビアトは1分25秒787で4番手タイム。

ハミルトンも1分24秒台に入ってきて、メルセデスの2台はここまで順調にプログラムを進めている模様です。

ガスリーも1分25秒台まで上げてきました。

現在トップタイムのボッタスは一旦ピットへ。

しばらくガレージにとどまっていたリカルドとグロージャンもここでコースへと出てきました。ヒュルケンベルグはいまだガレージにて作業中のようです。

フェルスタッペンが自己ベストを更新して1分24秒765、トップのボッタスとは0.086秒差。

ハミルトンもタイムを更新、1分24秒738でボッタスとの差は0.059秒。

ここまで大きなトラブルなく各チームがプログラムを進めています。

ここで全マシンがピットへ戻りました。

入れ替わるようにガレージにて作業を続けていたヒュルケンベルグがコースへ。

セッション開始から40分が経過し、各チーム次のプログラムに向けてセットアップをする模様です。

ここまでマクラーレンのノリスが最多の12周を走り、最少周回はヒュルケンベルグとなっています。

現在のトップタイムはボッタスの1分24秒679、次いでハミルトン、フェルスタッペン、クビアトの順に続いています。

コース上にマシンはおらず静かな時間帯となっています。

セッション開始から45分が経過しました。

メルセデスの2台はここまでミディアムタイヤでの走行、3番手のフェルスタッペンと4番手のクビアトのタイムはソフトタイヤでのタイムとなっています。

フェラーリ勢はここまでソフトタイヤを使用してルクレールが7番手、ベッテルが9番手タイムを記録しています。

まだ各チームのガレージに動きはありません。

ルノーのヒュルケンベルグのみ、ここまでタイムを計測していません。どうやら電気系のトラブルが発生している模様でまだコースには出られそうにありません。

路面温度は37度まで上がってきました。

セッション開始時にはコース上空に雲も数多く見られましたが、現在は快晴となっています。

ここでマクラーレンのノリスがコースへと入りました。トロ・ロッソのクビアトが続きます。

ハースF1のマグヌッセン、アルファロメオのジョビナッツィ、トロ・ロッソのアルボンもコースへ向かいます。

グロージャンもコースへ向かい、走行を再開するチームが増えてきました。

メルセデスのボッタスもソフトタイヤに履き替えコースに出ています。

ノリスは1分25秒966までタイムを伸ばして8番手へ。

レーシング・ポイントのランス・ストロールは1分25秒682で9番手。ジョビナッツィが1分25秒166で4番手まで上げます。

ウィリアムズのラッセルですが、ピットレーンの出口付近でマシンが止まっていてチームメンバーが押してガレージへ戻すようです。

ボッタスは1分23秒866までタイムを伸ばしてきています。チームメイトのハミルトンが全体ベストを更新、1分23秒599を出します。

メルセデスの2台のみが1分23秒台、3番手タイムのフェルスタッペンとは1秒以上のギャップとなっています。

ここでフェルスタッペンが自己ベストを更新、1分23秒792で2番手へ。

今シーズンからルノーに移籍したリカルドは1分26秒225で15番手タイムとなっています。

ヒュルケンベルグはガレージで作業を見守っていますが、このセッション中にコースへ戻ることは出来るでしょうか。

レーシング・ポイントのセルジオ・ペレスは1分26秒952で17番手タイム。ここからどこまで伸ばしてくるでしょうか。

フェラーリのルクレールは自己ベストをつないで1分23秒673で2番手タイムをマーク。ハミルトンとのギャップは0.074差です。

ベッテルも負けじと1分23秒637でルクレールのタイムを上回ってきました。

ここでイエローフラッグが出ました。

トロ・ロッソのアルボンがスピンを喫してウォールにクラッシュ。赤旗に変わります。

アルボンのマシンはフロントウイングが外れてしまっていますが自走でピットへ戻っています。ウォールに接触した時はマシン後方がぶつかっていましたので、そちらにもダメージがあるかもしれません。

赤旗は解除されました。

ここでようやくヒュルケンベルグがコースへ出ていきました。

クビアトとラッセルもコースに入っています。

ライコネンもコースイン。

ヒュルケンベルグはインストレーションラップからそのままタイム計測を開始していますのでどうやらマシンは大丈夫な模様です。

ヒュルケンベルグのタイムは1分25秒527、16番手タイムでした。

ライコネンは自己ベストを更新、1分24秒831で6番手タイム。

ボッタスがコーナー入り口で芝生を踏んでしまいコースを飛び出しましたが、無事にコースへ戻りました。

ヒュルケンベルグは1分25秒015までタイムを上げ、10番手までのばしてきました。

ウィリアムズの2台はここまで18番手のノリスから3秒以上のギャップをつけられる状況となっています。

セッション残り時間が10分を切りました。

残り時間も少なくなってきましたが、ハミルトンとベッテルもコースへ出ています。

今シーズンF1復帰のクビアトはここまで順調にドライブを続けています。

レッドブルのガスリーはチームメイトのフェルスタッペンより1.14秒遅いタイムで8番手。ここまであまりタイムは伸びてきていません。

メルセデスのハミルトンとフェラーリのベッテルは0.038秒差と肉薄したタイムになっています。

セッション残り時間が5分を切りました。

フェルスタッペンがタイム計測に入ります。時間的にはこのセッション最後になるでしょうか。

フェルスタッペンは前のマシンに接近したこともあり、アタックを止めました。

クラッシュしたアルボンを除いた19台が現在コースに出ています。

まもなくセッション終了時刻ですが、大幅なタイム更新はないままこのセッションを終えそうです。

チェッカーが振られてセッション終了です。

金曜フリー走行1回目のトップタイムはメルセデスのハミルトンで1分23秒599でした。次いでフェラーリのベッテルが0.038秒差で2番手、以下ルクレール、フェルスタッペン、ボッタスがトップ5のタイムとなっています。

フリー走行2回目はこの後、日本時間14時に開始されます。それではまた後ほどお会いしましょう!