30秒ごとに更新されます |

それぞれの思いを抱えてのインラップ。

アロンソはコックピットからファンに手を振って歓声に答えます。

レッドブルとの別れを惜しみつつ、リカルドも新たな一歩を踏み出す時を迎えます。

ホームストレートにアロンソ、ハミルトン、ベッテルがやって来ました。チャンピオンドライバーによるトリプルドーナツターン!

おそらくライコネンが完走していればカルテットが見られたことでしょう・・・。

マシンを降りたハミルトンとアロンソがハグを交わして健闘をたたえています。

----------

アブダビGPをもって2018年F1シーズンは幕を閉じます。全21戦が組まれた今季はメルセデスとフェラーリがチャンピオンシップを争い、レースではレッドブルも加えた3強が優勝を争う展開となりました。チャンピオンシップはドライバーズ選手権およびコンストラクターズ選手権ともにメルセデスが連覇を達成。ハミルトンはキャリア通算5度目のタイトルを手に入れ、メルセデスは5連覇を成し遂げています。

来年に目を向けると、ドライバーが変わるチームもあれば王者メルセデスようにラインアップ継続を選択したチームもありますが、上位勢はもちろん、中団グループの争いもより一層の接近戦が繰り広げられそうです。

また、トロ・ロッソ・ホンダとして1年を戦ってきたHondaは2019年からレッドブルとの提携もスタートさせることになっており、レッドブル姉妹と共に新たな挑戦に立ち向かいます。

グランプリシーズンに別れを告げるとはいえ、来週には今週末と同じヤス・マリーナ・サーキットでピレリのタイヤテストが予定されており、短い冬の期間がすぎればまた新しい1年が始まります。タイヤテストに関する情報はもちろん、来季に向けた最新情報や各チームの新車情報など、ESPNF1ではオフシーズンもさまざまなニュースを配信してまいります。F1グランプリはしばしのお休みとなりますが、どうぞ冬季中もESPNF1をご愛用くださいませ。

2018年もESPNF1のコメントライブにお付き合いいただき誠にありがとうございました。今後ともESPNF1をご愛顧賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。また来年の開幕戦でお会いできることを楽しみに・・・。皆さま、どうぞ良いオフシーズンをお過ごしください。

最後になりましたが、2度の世界王者に輝き、数々の好バトルでファンを魅了し、多くの功績を残してきたアロンソの今後に幸多からんことを願って・・・!

55周目

ハミルトンがファイナルラップに入りました! 2番手のベッテルは1分40秒867のファステストラップをマーク。

3番手のフェルスタッペンとリカルドは3秒弱のギャップで最後のラップに突入しています。

ペレスが最後の力を振り絞ってルクレールとの差を詰めます・・・が、なかなかマシンを並べるところまで持ち込めません。

ハミルトンが最終コーナーに差し掛かりました。

危なげない走りでトップチェッカーを受けたハミルトン! 今年のチャンピオンが最終戦を優勝で締めくくっています。

2位にベッテルが入り、3位表彰台に上ったのはフェルスタッペン。リカルドは4位でゴールしました。

5位ボッタス、6位サインツ、ルクレールが7位を死守してチェッカーを受け、8位ペレス、9位グロージャン、10位はマグヌッセンでした。

アロンソは11位で惜しくもポイント獲得ならず、ハートレーが12位、ストロール、バンドールン、シロトキンが完走を果たしました。

54周目

アロンソのプレッシャーを受けるマグヌッセンはグロージャンの背中をとらえており、ハースF1勢とアロンソが9番手を争う格好になっています。

53周目

ポイント圏内では7番手のルクレールにペレスが接近中。時折、コンマ数秒差に持ち込みますが、オーバーテイクには至っていません。

52周目

将来的な復帰の可能性を残しているとはいえ、ひとまずはこれが引退レースとなるアロンソ。現在は11番手につけ、2秒前にいるマグヌッセンの背中を追いかけています。

51周目

残りは5周・・・。フェルスタッペンに2.4秒差の4番手につけるリカルドは、表彰台を目指して猛プッシュ。タイヤのアドバンテージはリカルドにありますが、2人のペースに差はなく、むしろ古いタイヤを履くフェルスタッペンの方がコンマ数秒速いようです。

全コメントを読む: レース 予選 フリー走行3 フリー走行2 フリー走行1
 
  • コーナーを駆け抜けるランス・ストロール(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2018年11月25日) ペースを上げて前を追うセルジオ・ペレス(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2018年11月25日) ポジションを争うロマン・グロージャンとニコ・ヒュルケンベルグ(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2018年11月25日) 懸命にパフォーマンスを引き出すシャルル・ルクレール(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2018年11月25日)
  • 必死にペースアップを図るマーカス・エリクソン(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2018年11月25日) コーナーにアプローチするストフェル・バンドールン(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2018年11月25日) ルイス・ハミルトンの優勝を祝うメルセデス(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2018年11月25日) ハグを交わすルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソ(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2018年11月25日)
  • ポディウムで笑顔を見せるルイス・ハミルトン(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2018年11月25日) 最終戦アブダビGPで優勝したルイス・ハミルトン(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2018年11月25日) 2位表彰台を獲得したセバスチャン・ベッテル(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2018年11月25日) 表彰台に上がったトップ3ドライバー(アブダビGP/ヤス・マリーナ、2018年11月25日)