ロシアGP 2018

/ Commentary

フリー走行2

2018年F1世界選手権第16戦ロシアGP金曜フリー走行2回目のセッションはこの後、日本時間21時にスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2018年F1世界選手権第16戦ロシアGP金曜フリー走行2回目の模様をお届けいたします。ソチ・オートドロームを舞台に開幕したグランプリ週末、初回セッションはフェラーリのセバスチャン・ベッテルがハイパーソフトタイヤを履いて1分34秒488のトップタイムをマーク。

2番手には同じくハイパーソフトタイヤで自己ベストタイムを刻んだレッドブルのマックス・フェルスタッペンが入っています。ベッテルとフェルスタッペンのギャップはわずかに0.050秒しかなく、まだ1回のフリー走行が終わっただけではありますが、今週末も接近戦の展開になる可能性が高そうです。

チャンピオンシップリーダーのメルセデスはルイス・ハミルトンが3番手、バルテリ・ボッタスが4番手ながら、2人とも今週末に用意されたコンパウンドで最も硬いソフトタイヤを履いてにもかかわらず、ハミルトンはベッテルに0.330秒しか遅れていません。

レッドブルのダニエル・リカルドは5番手、フェラーリのキミ・ライコネンはウルトラソフトタイヤで自己ベストを記録して7番手でした。

雲が多いソチは現在、気温21.4度、路面温度28.8度、湿度61%のコンディションで間もなくセッションが始まります。

ピットレーンがオープンしました。

マクラーレンのフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドールンがコースイン。ハースF1の2人も始動しました。

インストレーションラップを終えた4人は2周目に突入。

早速、タイム計測に入るようです。

ウィリアムズのランス・ストロール、ザウバーのマーカス・エリクソン、フェラーリのベッテルらがガレージを離れました。

まずは1分37秒819を刻んだバンドールンがトップに立ち、マグヌッセン、グロージャン、アロンソが4番手のタイムを残しています。

さらに7人が加わってコース上では11台が周回しています。

ウルトラソフトで始動したベッテルが1分35秒382をマークしてトップに立ちます。

トロ・ロッソのピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーもガレージを出発。2人ともハイパーソフトを履いています。

グロージャンが1分36秒台に入れて2番手に上がり、3番手には相棒のマグヌッセンがつけています。

レッドブルは先にフェルスタッペンをコースへと送り出しました。

フェルスタッペンはハイパーソフトを履いてコースに入りましたが、チームメイトのダニエル・リカルドはウルトラソフトを装着してガレージを後にしています。

メルセデスのガレージから出てきたのはボッタス。ウルトラソフトタイヤを試すようです。

ガレージにとどまっていたメルセデスのハミルトンやフェラーリのキミ・ライコネンもコースに入っています。

ハミルトンはウルトラソフト、ライコネンはソフトタイヤを履いている模様。

ベッテルが1分34秒台に入れた直後、フェルスタッペンが0.5秒速くラップをまとめてトップの座を奪います。

フェルスタッペンをトップにベッテルが2番手、ガスリーが3番手につけ、グロージャンとマグヌッセンがトップ5に並んでいます。

コントロールラインを通過したハミルトンは1分35秒170で3番手。

ライコネンはコースオフを喫してしまい、1分51秒台にとどまっています。

フェルスタッペンが1分34秒164にペースアップ。2番手にはボッタスがつけ、ベッテルは3番手、ハミルトン、リカルド、ライコネンのオーダーです。

フェルスタッペン、ボッタス、ベッテルの3人はいったんピットに帰還。

半数ほどのドライバーが序盤の走行を終えてガレージに戻っています。

ともにウルトラソフトを履くハミルトンとリカルドが自己ベストを更新するペースで周回中。

先にコントロールラインを通過したハミルトンは1分34秒245を記録。

リカルドはセクター3のタイムが伸びませんでしたが、1分34秒台に入れて自己ベストは更新しています。

レッドブルの無線によると、リカルドは最終セクターでトラフィックにはまってしまったようです。

トップをキープするフェルスタッペンに0.081秒差でハミルトンが続き、ボッタスが3番手、リカルド、ベッテル、ライコネンのトップ6に変わりました。

コース上のマシンはさらに少なくなり、現在亜ライコネン、オコン、バンドールン、アロンソが走るのみ。

マクラーレンはアロンソがソフトタイヤ、バンドールンがウルトラソフトを履いて周回を重ねています。

ライコネンがピットに戻ってコース上は3台になりました。

ソフトタイヤで9周を走ったオコンは10番手タイムを残してピットレーンに戻ってきます。

新しいタイヤに履き替えたフェルスタッペンがガレージを出発。

フォース・インディアのペレスやハースF1のマグヌッセンも再びコースに入りました。

フェルスタッペンはストレートで「スーパースロー」だと訴えています。

それでも、フェルスタッペンは1分34秒079を刻んで最速タイムを塗り替えました。

メルセデスの2台とレッドブルのリカルドがハイパーソフトタイヤに履き替えて出陣。ベッテルも加わります。

マグヌッセンが自己ベストを更新して6番手にポジションを上げました。

タイム計測に入ったボッタスがセクター1のベストタイムを記録。

ボッタスはセクター2でも全体のベストタイムを刻んでいます。

1分33秒台に入れてきました! 1分33秒584をマークしたボッタスがトップに立ちます。

ボッタスは2番手に下がったフェルスタッペンに0.243秒のリードを築き、3番手のハミルトンには0.661秒差をつけています。

ただ、ハミルトンは次の周回でペースアップに成功しており、セクター1でファステスト、セクター2は自己ベストで通過しています。

ハミルトンは1分33秒548でまとめてトップに浮上! ボッタスのタイムを0.036秒上回ってきました。

ハイパーソフトを投入したメルセデス勢が速さを示す中、ベッテルは0.380秒遅れの5番手。

ライバルに遅れてハイパーソフトに履き替えたライコネンがアウトラップに入っています。

自己ベストを更新したライコネンですが、トップからは0.840秒遅れ、ポジションは6番手のまま変わらず。

各車が搭載している燃料量は不明ながら、現状はメルセデス、レッドブル、フェラーリの順になっています。

現在のタイヤセットで6周を走ったハミルトンが自己ベストを更新してきました。タイムは1分33秒385。リードを0.2秒に広げています。

90分のセッションは半分が終了。

トップ10のオーダーはハミルトン、バルテリ・ボッタス、フェルスタッペン、リカルド、ベッテル、ライコネン、ガスリー、オコン、エリクソン、マグヌッセンです。

ピットに戻ってきていたボッタスが再びコースへ。

ピットレーン出口でスタートの練習に励み、コースインしたボッタス。

その後ろにはフェルスタッペンの姿も見えます。

ボッタスは1周を追加してピットに戻ってきます。

フェルスタッペン、オコン、ルノーの2台、マクラーレン勢がコース上。ボッタスはすぐにまたコースに入りました。

ウルトラソフトでロングランをスタートしたフェルスタッペンは1分39秒半ばのペース。

ハイパーソフトを履くボッタスは1分38秒半ばのラップタイムを刻んでいます。

レッドブルのリカルドとメルセデスのハミルトンがウルトラソフトタイヤを履いて加わります。

レッドブルは2台とも同じタイヤでレースシミュレーションに取り組んでいますが、メルセデスはハミルトンとボッタスでタイヤを分けてきました。

フェラーリの2台はまだガレージで待機中。

曇り空のソチはまた少し路面温度が下がっています。現在は27度の表示。気温は21度です。

フェルスタッペンとリカルドはどちらも1分40秒前半から半ばのペースで周回しています。

セッションは残り30分を切りました。フェラーリのガレージから出てきたベッテルはユーズドのハイパーソフトを履いています。

ライコネンもハイパーソフトタイヤでロングランに取り組むようです。

ハミルトンは1分39秒半ばのペースをキープしており、ボッタスは少しペースを落として1分46秒台。

レッドブルのリカルドが1分40秒台を刻んでいるのに対し、フェルスタッペンは1分43秒台とゆったりしたペースのラップを挟んでペースアップする、という流れを続けています。

ウィリアムズのシロトキンを除く19名がコース上。

ベッテルがピットに戻ってきました。ハイパーソフトからウルトラソフトに履き替えてピットアウト。

どうやらスピンを喫してしまったようで、傷んだタイヤを交換することになったようです。

時折、ピットに戻るドライバーがちらほらといますが、ピット作業の練習やタイヤ交換を経て再びコースに戻っています。

現在は20名すべてがコース上。

周回数を25に伸ばしたフェルスタッペンがピットに戻っていきました。

スティントを完了してピットに戻るドライバーが増えてきました。

タイヤを交換してすぐにコースに入るドライバーが多い中、フェルスタッペンはマシンをガレージに入れています。

ザウバーのルクレールはハイパーソフトからウルトラソフトに履き替えてピットアウト。

27周を走破するメルセデスの2人は1分39秒後半から1分40秒前半のペースをキープしています。

全車が20周以上を走り込んでおり、ウィリアムズのシロトキンは32周と最も多くの周回を重ねています。

ベッテルがウルトラソフト、ライコネンがソフトでロングラン中のフェラーリ。ラップタイムは14周を走ったウルトラソフトのベッテルが1分42秒台、ライコネンは1分38秒後半のペースです。

セッション終了まで残り10分。

周回数を30にのせたメルセデス勢はハミルトンがウルトラソフトからハイパーソフトにタイヤを変えています。

ハイパーソフトタイヤに戻したフェルスタッペンがガレージを離れました。

ザウバーのエリクソンがピットイン。ハイパーソフトからソフトにタイヤを交換してコースに向かいます。

マクラーレンのバンドールンがピットに引き上げてきました。ここまでに31周を走ってポジションは18番手。

トロ・ロッソのガスリーがピットイン。

相棒のハートレーも走行を完了したようでピットに引き上げてきました。

ボッタスは33周を走って初日の作業を完了。

大きなタイム更新のないまま、ここでセッション終了です。

初日をトップで締めくくったのはハミルトン。1分33秒385をマークしました。0.199秒差でボッタスが2番手に入ってメルセデスが1-2。3番手にフェルスタッペン、リカルド、ベッテル、ライコネンと続くトップ6です。

土曜フリー走行は29日(土)日本時間18時に開始されます。それではまた明日お会いしましょう!